今すぐ見たいを叶えます!

VODまとめList

ブラックスワン動画

ブラックスワンの映画のネタバレや無料視聴方法はご紹介!

投稿日:

ブラック・スワンという作品をご存知だろうか。

2010年に公開され、ナタリー・ポートマンが主演を務めたことでも話題になった当作品。

バレリーナのプリマとして抜擢され、初公演までを描いたあらすじになっているが、身震いするほど狂気が満ちた内容になっている。

 

今回はブラックスワンの映画のネタバレを紹介するとともに、安全に無料で視聴できる方法をご紹介していきます。

 

ブラックスワンの映画基本情報は?

#ブラックスワン#映画鑑賞 #趣味 #自宅

A post shared by Hiroaki Tomono (@tomomohot) on

ブラック・スワンとは、2010年に公開されたR15指定のサイコスリラー映画。

重厚感、押し寄せてくる狂気が表現されており、本作の主役ニナを演じたナタリー・ポートマンは、第83回アカデミー賞で主演女優賞に輝くなどの功績を残している。

 

その話題性は高く、公開されてから1年後には興行収入は世界中で3億ドル以上と言われており、女性映画ジャーナリスト同盟では、以下の賞を受賞している。

  • 作品賞
  • 監督賞
  • 撮影賞
  • 編集賞
  • 忘れられない瞬間賞
  • 勇敢な演技賞

 

ブラックスワンの映画を無料で視聴できる方法

映画ブラックスワンを無料で視聴できる方法は、いろいろとありますよね。

  • YouTube
  • Pandora
  • miumiu

現在は出は実に様々な方法でブラックスワンなどの名作を視聴することができます!

 

しかし、上記のような無料サイトでの視聴では実に様々なデメリットが存在することをご存知ですか?

  • 動画の画質が悪い
  • 映像と音がずれていて気持ち悪い
  • 動画の途中で変なサイトに飛ばされる

折角の映画を視聴するのにもこのようなことがあっては、集中して作品を楽しむことができませんよね。

 

しかも上記以外にも、無料サイトに上がっている動画を視聴したりダウンロードしたりすると最悪の場合刑事罰を科せられてしまうことだってあるのです。

映画などの作品には著作権という権利が存在して、その権利を侵害すると著作権法違反で刑事処分されてしまうことだってあるのです。

 

それでは、上記のような心配をせずに安心してブラックスワンを視聴する方法はないのでしょうか?

 

動画配信サービスU-NEXT

上記のようなことを一切気にせずブラックスワンを楽しむ方法は、動画配信サービスのU-NEXTを使用する方法がおすすめです!

U-NEXTとは、スマホやPCやタブレットなどで動画を楽しめるサービスで、常時12万作品もの作品を楽しむことができるのです。

 

しかも今なら31日間の無料トライアルキャンペーンを実施しており、実質無料でU-NEXTのサービスを受けることができます。

契約も解約もとっても簡単にできるので、ぜひこの機会に試してみてくださいね。

 

今なら31日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑U-NEXTに登録して『ブラック・スワン』動画を視聴する』↑↑↑

 

ブラックスワンのあらすじは?ネタバレ

元バレリーナとして活躍していた母(バーバラ・ハーシー)と一緒に暮らしている現役バレリーナのニナ。

ある日、彼女が所属するニューヨークシティ・バレエ団の新シリーズの作品として「白鳥の湖」が行われることになる。

 

そんな時、いつもプリマをつとめていたベスが降板させられることになってしまい、ニナが代わりに主役の第1候補に躍り出るも、若手ダンサーのリリーという候補もあがり…。

 

才能はあるが母の干渉で開花させられない

アメリカ・ニューヨークシティに住み、バレエ団に所属するニナ・セイヤーズ。

彼女は、一緒に暮らしている母親が果たせなかった夢である一流プリマを日々目指していた。

 

しかし、その母からの期待は重すぎ、友人と外出に行けなく、携帯を常にもたせられて、常に監視下のなかに入っていないといけなかった。

そんな過保護な母のおかげでニナは才能があるにもかかわらず、臆病な性格のままバレリーナとして足踏みをしていた。

 

そんなある日、新作の公演として、「白鳥の湖」が行われることが決定。

演出家であるトマが振り付けを決めて、どこか色っぽく今までにみたことがない演出を考えていた。

 

さらに、いままでプリマとして第1線を走ってきたベスが後任。

若いバレリーナ達にチャンスが舞い込むも、トマが練習風景を観察している最中に新人バレリーナのリリーが入室したことで、ニナは集中力を欠き、踊りを失敗してしまう。

 

監督トマも二ナの才能を感じている

自身の爪が割れてしまうほどに練習をするニナは、そのマジメな正確が黒い白鳥には向いていなかった。

それをトマ自身も感じながら、彼女の才能はみとめていたことから以下のような挑発を言う。

 

「白鳥はヴェロニカに決めた。覆すほどのなにかがあるというならば言ってみろ。」

そうすることで、どこか消極的で自発性のないニナの殻をやぶこうとしていたのだ。

 

しかし、ニナは「主役に選んで」と頼むだけだったため、唐突にトマはキスをしてしまう。

それに驚いたニナは、とっさにトマの下唇を噛み走って逃げてしまうが、そこに新たな可能性を感じたトマは彼女を主役に抜擢することを決意するのだった。

 

嫌がらせとプレッシャー

黒い白鳥の演技に悩まされると同時に、他のダンサーからはアバズレ女と言われるなど嫌がらせをされるニナ。

いままでは、ヴェロニカに対してライバル視していたが、リリーが予測不可能な演技をしたことからライバルはリリーだと敵視しはじめるのだった。

 

それと同時にプレッシャーからか、爪の間から血が滲み、蕁麻疹、かゆみなどに悩まされる。

さらには、いままでプリマとして活躍してきたベスに「身体をつかってプリマの役をつかんだでしょ」と罵られたことからさらなるストレスを抱えてしまう。

 

その日、トマに呼び出されたニナは黒鳥には性的な経験が必要だといわれ、「自慰行為をしなさい」と言われるも、常に母親の監視下にさらされている彼女は、その課題を実行することができないのだった。

そのまま、一行に黒鳥の演技ができず、母親からの心配も煩わしく感じるようになるニナ。

 

「あなたを産むために私はバレリーナとしての夢を諦めた。」

これが口癖の母親に対し、28歳というバレリーナの全盛期はすでに過ぎた歳で身ごもっておいて…と不満に感じていたニナは、母親と口論になるのだった。

 

強く反感の念を抱きながら、就寝する彼女は夢のなかでリリーと性行為をしている夢をみる。

夢から覚めるとすでに練習の時間は過ぎており、急いで練習場に向かうとプリマとしてリリーが踊っていて苛立ちを覚えるニナ。

 

しかし、前日の夢の経験から黒鳥としての才能をついに開花しはじめていくのだった。

 

母も二ナも自分の異常性に気付くが…

練習がうまくいくも、徐々にニナはストレスから幻覚と自傷癖が強くなっていく。

鏡に映り込む自分の姿が勝手に動きだし、母が描いた絵はすべて自身をあざ笑うかのようにみえ、自身の肩から羽が生える幻覚に取り乱し、公演前日の夜に母親の目のまえで気絶してしまう。

 

そんなニナに対し、ようやく目を覚ました母が休むという連絡をいれるも、彼女はそのまま会場にむかう。

ベスに対し、踊ることを主張すると「自分を解き放て」と言われるのだった。

 

踊りだしはうまくいくも、徐々に不安がつのり転んでしまうニナ。

そんなニナに対し、幕間に楽屋を訪れたリリーは「黒鳥は私が踊ってあげる」と提案。

それに激昂したニナは、リリーの腹部をガラスで突き刺してしまうのだった。

しかし、それが起因してか、舞台に戻り踊り始めると過去にないほどの情熱的な踊りに成功、拍手に包まれる。

再び幕間に戻ったニナはトマに対して濃厚なキスをし、楽屋にもどる。

 

すでにバスルームからリリーの血がもれだし、それを隠そうと必死にタオルで拭き取ろうとしているとノックがなる。

取り乱しながらもドアを開けると、そこにはバスルームで死んでいるはずのリリーの姿があった。

 

そこでようやく自身が幻覚をみていたことに気づき、自分の異常性に泣いてしまう。

 

最後の幕引き、今度は彼女が踊っている姿をみて母親は泣き始める。

その涙は決して嬉し涙などではなく、ニナが幻覚のなかで自身の腹部を刺したことによる出血を誰よりもはやく発見したからだった。

 

舞台のクライマックスである崖から飛び降りるシーンも演じきったニナに、観客全員がスタンディングオーベーションを答える。

そんな彼女にトマが駆け寄ると、腹部からの出血をそこでようやく確認し、救急車を呼ぶように指示。

 

ニナは笑い、「感じた。完璧よ。完璧だった。」

というと、拍手につつまれたまま静かに目をとじるのだった。

 

ブラック・スワンの映画に登場するキャストは?

ブラックスワンのニナ・セイヤーズ役:ナタリー・ポートマン

本作の主人公。

バレエに全てを捧げ、新作「白鳥の湖」でプリマに選ばれる。

 

しかし、自身の殻を破っていく過程であまりにもストレスが大きかった彼女は、その極限のなかで幻覚をみはじめてしまう。

 

ナタリー・ポートマンの代表作:「ブラック・スワン」「レオン」「スターウォーズ」

 

ブラックスワンのリリー役:ミラ・クニス

#milakunis

A post shared by MilaKunis (@milakuniisx) on

ニナと同時に新作「白鳥の湖」でプリマ候補になった才能のある新人バレリーナ。

本作では、ニナのライバル的な立ち位置である。

 

ニナの夢のなかでは性行為の対象となり、公演当日には幻覚のなかで腹部を刺されるなどしているが、基本的に悪い人間ではない。

 

ミラ・クニスの代表作:「余命90分の男」「ステイ・フレンズ」「テッド」

 

ブラックスワンのエリカ・セイヤーズ役:バーバラ・ハーシー

ニナの母親。

彼女のことが大切すぎることから、激しい束縛し管理下においてしまう。

 

口癖は「あなたのためにダンサーとしての夢をあきらめた」だが、すでに28歳だったことからも、プライドが高いことが伺える。

 

ブラックスワンのベス・マッキンタイヤ役:ウィノナ・ライダー

A post shared by Ari (@strangerthingsaboutit) on

元プリマとして活躍していたが、加齢が原因で降板させられてしまう。

ニナのあこがれの人物で、彼女はベスの物を盗んでしまうこともしばしば。

 

しかし、それはあくまでも憧れとしての対象が強すぎるため。

本作のなかでは交通事故にあってしまい、足を複雑骨折するなど災難が続く役柄だ。

 

ブラックスワンのトーマス・ルロイ役:ヴァンサン・カッセル

ニナが所属する劇団の監督。

ニナの才能をかっているがいつまでも殻に閉じこもっている彼女をどうにかして解き放とうと試行錯誤を繰り返す。

 

今なら31日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑U-NEXTに登録して『ブラック・スワン』動画を視聴する』↑↑↑

 

ブラックスワンの映画みどころは?ネタバレ

【ニナの目に注目】

本来はマジメだけが取り柄のニナ。

しかし、母との対立や嫉妬、焦りなどから彼女は作品のなかで次第に狂いはじめてしまう。

 

舞台当日にリリーの腹部を刺し、錯乱状態になりながらも舞台にあがるニナ。

黒鳥としていまだかつてないほどの狂気じみた踊りを披露する。

 

そのときの彼女の目に、是非注目していただきたい。

きっと、鳥肌がたつはずだ。

 

【バレエの衣装に注目】

https://twitter.com/Hi__Dear/status/489405428007071744

本作品は、サイコスリラーとしての評価が高いがそれだけではない。

映画がはじまったときの、スタジオの静けさやトゥーシューズが壊れてしまう所、そして衣装。

 

さらには集中する方法や、バレリーナの家族構成や問題など、多くの点でこの作品は忠実に制作されている。

だからこそ、多くのバレリーナからも「今作はリアル」という声が集まっているのだ。

 

そのため、バレエが好きだという方や、幼少の頃からずっとバレエをやってきたという方には是非視聴していただきたい。

感情移入がしやすい作品になっているはずだ。

 

【監督ダーレン・アロノフスキーが描く内面世界に注目】

本作は、主人公であるニナが多くの方が共感できる「競い合い」というなかで狂ってしまうストーリ。

他にも彼は「レクイエム・フォー・ドリーム」など、作品が進むにつれて、少しずつ精神的に壊れていく人物を主題にした映画を作っている。

 

そして、そのどれもが内面世界の表現が深く、見ごたえのある内容になっている。

 

ブラックスワンの映画を視聴した人たちの感想は?

下記では、ブラック・スワンを視聴した視聴者の感想をご紹介していきます。

 

奈良県:クボさん

クボさん

疲れている時に視聴することはオススメしません。

それだけ、頭を使って楽しむ作品だと私は思います。

 

演技や音楽も素晴らしく、好き嫌いがとても分かれそうな作品ですが、あの迫力のある演技を是非見てほしいです。

トゲやガラスが身体に刺さったのを、自分で抜いていくニナのシーンは、自然とみているこちらも顔がゆがんでしまいました。

 

北海道:タカハシさん

タカハシさん

少し大人向けでアダルトなシーンが多かったです。

ただ、ダーレン・アロノフスキーのファンであるため、視聴しました。

 

感想としては、やはりダークな内容で、アダルトシーンも多かった。

ですが、なんというか美しかったです。

 

どんどん狂気に満ちていく主役の方の演技が怖すぎて、最後はなぜかホッとしてしまいました。

 

【東京都:コバヤシさん】

コバヤシさん

ナタリー・ポートマンの演技に感動しました。

お母さんとの問題や、同じバレエ団のなかで嫌がらせにあったり、自分がしたい演技ができずに苦しんだ末に狂い、自我が崩壊し、自傷行為に走るストーリは最高そのもの。

 

また、それによって才能が開花されていくニナと、最後は自分の腹部を刺してしまう彼女の異常性が、話しだけでなく、演技としても感じられました。

先生もなかなかいいキャラしていて、大満足です。

【大阪府:オオノさん】

オオノさん

めちゃくちゃ怖かったです。

本当に、ホラー映画をみるよりも怖かった。

 

ただ、4歳のころからずっとバレエを習っていた分、すごい感情移入しながら視聴できました。

それだけ描写が正確だったということでしょう。

 

すでにナタリー・ポートマンは演技というよりも、なりきっていて、女優って本当にすごい人達なんだと改めて痛感しました。

現実と幻覚のなかで揺れ動くニナが違和感なく表現できる彼女だからこそ、この映画は完成したのだと思います。

 

ブラック・スワンを視聴しての感想の多くが以下の内容だった。

・ナタリー・ポートマンの演技力に感動した
・怖い/エロい
・本格的なバレエ映画として楽しめた

 

今なら31日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑U-NEXTに登録して『ブラック・スワン』動画を視聴する』↑↑↑

 

ブラックスワン映画ネタバレのまとめ

本記事ではブラック・スワンのあらすじやキャスト、みどころや口コミについてご紹介しました。

私自身、当作品は学生時代に映画館に足を運び鑑賞、めちゃくちゃ怖かったです。笑

 

ただ、あっという間の鑑賞でした。

それだけ、引き込まれる作品で映画館を出たあと、「あぁ、自分の人生がこっち側でよかった」と思ったのを覚えています。

 

まだ、視聴したことの無い方は是非一度ナタリー・ポートマンの狂気じみた演技力に酔いしれてみてはいかがでしょうか?

きっと満足できると思いますよ。

-ブラックスワン動画

Copyright© VODまとめList , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.