グランメゾン東京

グランメゾン東京1話ネタバレ感想!日本の恥になり下がった天才シェフの再起

グランメゾン東京1話ネタバレ感想

『グランメゾン東京』1話のネタバレと感想をご紹介します。

2019年10月20日放送開始の『グランメゾン東京』1話を見忘れてしまった人も、ネタバレや感想をチェックすれば、途中からでも参戦することもできますよね。

そして、気になるのはやはり視聴者の感想

色んな職業を演じてきた木村拓哉さんが満を持して演じるのは天才シェフ!
どんな役を演じても様になっている木村さんに、豪華な共演者がどう絡んでくるのかもホント楽しみ♪
もも
もも

木村拓哉さん演じる尾花は挫折した天才シェフという役柄。日本の恥と罵られたとのことですが、どうして日本の恥なのかについても詳しくお伝えしていきますね。




目次

グランメゾン東京第1話の導入部分をネタバレ!

『グランメゾン東京』第1話、ストーリーの導入部分をネタバレしていきます。

ストーリーは過去に遡る。舞台はパリ。

早見倫子(鈴木京香)は人生をかけてフランスの三ツ星レストラン「ランブロワジー」の採用試験を受けていた。

実技テストで前菜を作っていた倫子の元に現れたのは、謎の日本人男性。

必死な形相でシェフに「もう一度雇って欲しい」と頼み込むも追い出されてしまう謎の男。

その男は、パリで二つ星を獲得した天才日本人シェフの尾花夏樹(木村拓哉)で、過去に「ランブロワジー」で働いていたというのだ。

尾花は3年前に追われる身となっていたのだが、当然そんなことは露も知らない倫子の代わりに彼は前菜を作ろうとする。しかしその矢先、尾花は借金取りに追われ逃げ去ってしまう。

結局採用試験に落ちてしまった倫子、失意の中で再び尾花と出会うことに。

倫子は街中を探したのか材料も全て揃え、尾花がカフェでランチをとっているのを見つける。

倫子は無理やり尾花に手長エビのエチュベを作らせると、作った料理に感動するとともに、自分の才能のなさに失望する。

そんなとき、尾花は倫子に一緒に東京で「グランメゾン」を作ることを提案する。

ここまでだけでもかなりワクワクする内容ですよね!

大人の青春と銘打ったストーリーですが、ここで尾花と倫子が出会い何が始まるのだろうという部分でした。

日本に帰国後、さっそく尾花の自由ぶりが発揮される。いきなり倫子の実家に寝泊まりし、宿を探す気は無いようで何から何まで倫子が世話をする。

しかし、食事だけは尾花が全力で倫子に作るのでした。

京野陸太郎(沢村一樹)と相沢瓶人(及川光博)に一緒に店をやらないかと誘う尾花と倫子だが、最初は2人に断られてしまう。

京野に至っては、丹後学(尾上菊之助)と共に経営するレストラン・gakuで尾花に料理を蔑まれ、取っ組み合いに。

すると思わぬ形で待ち伏せしていた芹田公一(寛一郎)が一緒に店をやりたいと言い出し、尾花はいきなりこれをOK。

あまりの自由ぶりに段々イライラが募る倫子。

一方で、パリ時代に尾花の部下だった平古祥平(玉森裕太)が京野から尾花と会ったという話を聞く。

今では有名ホテルで料理長を務める平古も悪態をつき、尾花を一蹴する2人。

3年前、尾花はフランス大統領がレストランを公式に訪れた際に直前にメニューを変えた。

その結果、大統領がナッツにアレルギー反応を起こし、その場で倒れてしまうということがあったのだった。

尾花をはじめとする、パリにいた登場人物たちの過去が明るみになってきます。

それと同時に、京野や平古たちの暗い気持ちも尾花の帰国によって少しずつ増していきます。

物語が進んでも進んでもこのあとどうなってしまうんだろうとハラハラしますね。

尾花の方も動きが。

倫子が改めて京野に説得を試みようとすると、逆に丹後に引き抜かれてしまいそうに。

これを受けてなんと今度は尾花と倫子が揉め、尾花が倫子の家を出ていく事態が起こる。

その時に尾花が作っていた和食を倫子が食べて、一度は丹後のレストランで働くことを決意した倫子が出した決断は、京野を引き抜くことだった。

必死の説得を聞いているうちに京野は、実は尾花がレストランの失態において、他のシェフがテロを計画したのではないかと疑われたことに怒りを覚え、フランスの官僚を殴ったことを思い出す。

その頃、尾花はある建物にこっそり入っていた。

そこはレストランの候補として倫子が見つけていた物件。

尾花のもとに倫子と京野が来てくれたのであった。

そこで3人は、改めて東京で三ツ星のレストラン、「グランメゾン東京」を作り上げることを誓う。

第1話からかなり濃い内容ですね。

尾花が料理に熱い想いをかけるが故に勘違いされることが多いキャラクターであることがよくわかるお話でした。

で尾花が料理以外はかなり不器用であることや、そのほかのことにおいても全力であることが伺えます。

その想いが倫子と京野を動かしたかのような結末でしたね。




グランメゾン東京第1話のネタバレをたっぷり紹介

ここからは『グランメゾン東京』のネタバレについて徹底的に紹介いたします!

ネタバレ① 野球の延長で初回から遅れて放送

10月20日のTBSでは野球・日本シリーズの第2戦が行われていました。

巨人とソフトバンクの熱戦は延長戦にまでもつれ込み、『グランメゾン東京』は初回から50分遅れて放送するといった事態になりました。

野球の延長で見ることができた人・できなかった人

50分も遅れたということで視聴者の方にも影響がかなりあったようです。

野球が延長したことによって視聴できなかった人もいたようです。

日曜日もお仕事していた方や、他の番組を見ていたという方の中には『グランメゾン東京』を見ることができた方も多かったみたいですね。

ネタバレ② 木村拓哉のフランス語が堪能!

木村拓哉さんが演じる尾花夏樹はフランス語を何度か喋っていましたね。

まず、首脳会談の前に料理を作るシーン。

「さぁ、始めるぞ!」という尾花のフランス語での掛け声と共に料理人たちの士気が高まります。

さらに、倫子に料理を作ってほしいと頼まれたときのシーン。

そこで厨房を借りたいという旨をカフェの主人にフランス語で伝えます。

ここのフランス語がかなりの長セリフなのですが、すごく流暢!

そのことがかなり話題になっています。

木村拓哉のフランス語がカッコいいと話題

実際にTwitterではこんな声も。

一回きりではなく何度も話すシーンがあったり、そのどれもが長セリフであることが視聴者の関心をさらったようです。

そしてそれを覚えきり、さも前から話せるかのように披露する木村拓哉さんに、称賛の声が上がっていました!

ネタバレ③ ビストロSMAPを彷彿とさせる?

木村拓哉さんは過去にバラエティ番組内のコーナー『ビストロSMAP』で数々の料理を作られてきました

自身も他の番組で作るほど得意料理とするボロネーゼから、ゲストの方の好みの固さかどうかまでにこだわったうどんまで、多岐に渡る料理を作られていました。

尾花夏樹の料理シーンを受けて、当時を懐かしむ方もたくさんいるようです。

ビストロSMAPを懐かしむファンがたくさん

当時見ていたという方のTwitterも盛り上がりを見せていました。

さすがの腕前で『ビストロSMAP』放映当時を彷彿とさせていました。

特に今回放送されていた第1話では、フレンチだけでなく和食も作っていたことから、様々な料理がふるまわれる『ビストロSMAP』を思い出された方が多いのかもしれませんね。

私自身も今回の放送はもちろん『ビストロSMAP』を見ていました。

夜の10時ということも相まって、尾花夏樹の豪快な腕前と繊細な手つきに、当時の木村拓哉さんを重ねてしまいました♪

ネタバレ④ 鈴木京香はいくつになっても美しい!


尾花の料理を初めて倫子が食べるシーンで倫子はすでにほろ酔い状態。

その後のシーンで、倫子は「尾花夏樹の料理を食べて自分には才能が無いと感じた」と語ります。

しかし、このシーンで倫子はただ「美味しい」と呟き、涙を流します。

きっとこの時言葉にならない感情を憶えたのでしょう。

酔っぱらっているため、言葉にもできないことが伝わってきます。

30年間この味を追い求めていた、という感動と落胆ぶりが入り混じる…

その淡い演技に、鈴木京香さんのすごさを感じました。

鈴木京香の涙や酔っ払いの演技はさすが♪

同じように感じていた方もTwitterには多くいらっしゃいました。

ドラマの内容もさることながら、鈴木京香さんの変わらぬ美しさに感動を思えた人も多いようです。

ネタバレ⑤ 首脳会談でナッツアレルギー食材が混入!

過去に、尾花のレストランで日仏の首脳会談が行われたときのこと。

しかしその首脳会談で、フランスの大統領がアナフィラキシーを引き起こしてしまいます。

原因は料理に大統領がアレルギー反応を起こしてしまうナッツが入っていたことでした…

このことが原因で、尾花は日本の恥と報道されてしまいます

アレルギー食材が紛れ込むことがあるのか疑惑が話題

戸棚にナッツをしまっていた描写があったのにも関わらず、このようなことが起こってしまったことで視聴者は大混乱

見ていた人の中には疑問を感じたという方も。

そして第1話の最後で、冨永愛さん演じるリンダ・真知子・リシャールが「あれは誰かが入れた」「計画的テロかもしれない」と言います

これも何かの伏線なのでしょうか?気になりますね。

ネタバレ⑥ 液体窒素料理は科学実験の残骸

尾花と倫子は帰国後、丹後と京野が経営するレストラン・gakuを訪れます。

丹後の料理の中には液体窒素を活かしたものも

尾花はそれを「科学実験の残骸」と称します。

液体窒素料理は昔流行った!ビストロSMAPでもあったと話題

私も『ビストロSMAP』の料理に液体窒素が入ったものがあったのを思い出しました。

既視感があるなと思ったぐらいです。

作っていた木村拓哉さんが、液体窒素を否定してしまうのは少し悲しくもありましたが…

素材自体を活かす料理を今後作っていく、という尾花の信念が垣間見えました!

ネタバレ⑥ 味噌汁はすだちではなくかぼす!

尾花が帰国してから倫子に作ってあげる料理はどれも和食です。

そんな尾花が作った味噌汁も放送中話題になりました。

中でも倫子が一際目を輝かせたのがかぼすの味噌汁でした。

かぼすの味噌汁が美味しそうと話題

味噌汁に何か柑橘類が入っていたため、視聴者が気になったよう。

すだちとの声もありましたが、尾花が言うにはかぼすの味噌汁だそうです!

和食のシーンの料理は食べてみたいという声だけでなく、作ってみたいという声もありました。

ネタバレ⑧ 祥平(玉森)のオムレツは努力の賜物

『グランメゾン東京』の第1話で玉森裕太さんが演じる平古祥平が自宅でオムレツを作るシーンがあります。

婚約者である蛯名美優(朝倉あき)が目を覚ますと、既にキッチンに祥平が立っていました。

その時作っていたのがオムレツ。

淡々と作っていますが、実はかなり裏で努力されたとか!

玉森が卵100個でオムレツを練習したって知っている?

玉森裕太さんが今回のドラマに出演されるにあたって料理の練習をされたことが前々から話題になっていました。

特に、オムレツのシーンは実際に卵100個を消費するほどオムレツを作って臨んだそうです!

そのことを事前に聞いていたファンの方のツイートが続々と流れてきました!

その情報を知って見たファンの方々からしたら、圧倒されるシーンですよね。

知らなかった私ですら、キレイなオムレツで美味しそうと感服してしまったほどです。

平古祥平も料理人ですので、今後の料理のシーンに注目したくなる瞬間でした!

ネタバレ⑨ 尾花がゆずを使った!信頼の証?

日本に帰国後も倫子にご飯を作った尾花。

夕食に作ったのも和食でした。

すると倫子は、尾花の作った炊き込みご飯に柚子があうのでは?という意見を言います。

料理に関して尾花が誰かの意見を聞き入れたのは初めて?

このシーンにたくさんの反響の声が!

もっとも冒頭に誰の意見も受け入れず、頑固に下準備をする尾花のシーンがありました。

それゆえ、倫子の意見を素直に受け入れた尾花に、心境の変化を感じた人が続出

頑固さに尾花の執念も感じましたが、少し素直になったことで尾花の人柄に魅力を感じた人もいるようです。

ネタバレ⑩ 尾花は仲間をかばったのか?

首脳会談で大統領が食べた料理にナッツが入っていたことにより、尾花は全てを失いました。

しかし、それだけで本当に全てを失うことがあって良いのでしょうか?

そのシーンの直前には、戸棚に全てのナッツをしまうシーンもあります。

一体どういうことなのでしょうか。

尾花がかばっているのは誰かと話題

放送中からこの点が気になっている方が大勢いました。

また、その伏線は放送中に回収されます。

尾花は官僚に誰かがナッツを入れたことを疑われたとき、「うちのシェフはそんなやつじゃない」と怒りに震え、思わずその官僚を殴ってしまいます。

このことが原因で連行され、店は閉店してしまったのです。

そのお店の厨房には、平古や相沢をはじめとするシェフたちが笑顔で映っている写真が、乱雑ではありますがたくさん飾られていました。

尾花は全てを失ったのではなく全てを守り、自分が責任を請け負ったのです。

なんて熱い人なんでしょうか!

そしてそのことが視聴者にまで伝わるほどだなんて、尾花はすごい人物であると言えます。

ネタバレ⑪ 目指すは三ツ星!京野が仲間に!

一度は丹後たちの仲間になりgakuで働くことを決意した倫子。

しかし、第1話の最後、尾花の料理を食べた倫子は再び決意し、京野を説得します。

倫子の説得と過去の尾花の人柄に負けて、京野がここでようやく仲間になります。

これを視聴者の方はどう受け取ったのでしょうか?

京野が仲間になったことに祝福の声が多数

やはり安堵や祝福の声がTwitterにはたくさんありました!

京野が仲間になったことで、新たな可能性も増えました

また、第2話は誰が仲間になるのか?

という期待の声も続々と上がっていました!

ネタバレ⑪ 日曜の夜は飯テロ!

『グランメゾン東京』の放送時間帯は夜9時

きっと夜ご飯を済ませてからかなり時間が経っているという人もいるはずですよね。

そんな中『グランメゾン東京』についてこんなことが話題になっています。

「グランメゾン東京」が最強の飯テロドラマと話題

それは『グランメゾン東京』に出てくる料理がどれも美味しそうで、飯テロ状態であるということです!

なんと実際にご飯を食べてしまった方もいるとか。

かく言う私も時間帯を気にして食べなかっただけで、本当に飯テロだと思っていた張本人です。

『グランメゾン東京』は恐るべしドラマです…

次回以降もこれが続くのかと思うと悩ましいですね(笑)。




第1話、視聴者の感想と次回考察

ドラマ第1話からワクワクする展開となった『グランメゾン東京』。

飯テロ騒動のほか、ドラマが面白いという声もたくさんありました!

また次回は誰が尾花たちのレストランに仲間入りするのかという話でかなり持ちきりです。

特に有力候補なのは玉森裕太さん演じる平古祥平と及川光博さんが演じる相沢瓶人

この2人のどちらかが次回には仲間入りするのでは?

第2話もかなり楽しみですね!




グランメゾン第1話に対するライターの所感♪

ここで僭越ながら私の所感について書いていきたいと思います。

これまでいくつもの木村拓哉さんのドラマを見てきました。

『グランメゾン東京』は、その有力な作品に匹敵すると思っています。

何よりも尾花夏樹という人物を演じる木村拓哉さんが良い!

余談ですが3ツ星の3の指の出し方、かっこよすぎましたよね。

料理の腕前、流暢なフランス語、何より熱い人物像。

俳優・木村拓哉さんのすごさを存分に堪能できました。

話を戻しまして、今後の展開で気になることがあります。

まず近いうちに伏線回収されそうな、次は誰が仲間になるのかということです。

私は及川光博さんが演じる相沢瓶人だと予想します!

京野が仲間に加わったことで、かつての同僚であった相沢もかなり誘いやすくなったはずです。

でもそんな相沢にもかなり濃い設定があるためそのあたりも気になります。

さらにもう一つ。

3年前の首脳会談で誰がナッツを入れたのかということです。

ナッツが入っていたウニの下準備をしていたのは外国人の料理人と平古祥平です。

この点でいうと平古祥平が怪しくないですか

オリジナル脚本のドラマだけに、とにかく次回どこまで明らかになるのか待ちきれませんね!

  • 木村拓哉さんの作品の中でもかなりの良作!
  • 次回で仲間になるのは相沢瓶人(及川光博)?
  • ナッツを入れたのは平古祥平(玉森裕太)?




グランメゾン東京1話ネタバレ感想!挫折した天才シェフは日本の恥?まとめ

『グランメゾン東京』第1話のネタバレを詳しく調査してきました。

また視聴者の感想や次回への考察、そして私ライターの所感も併せてご紹介。

皆さんの第1話への感想はいかがでしたか?

美味しそうな料理に加えてたくさんの人が熱い想いが交錯する様子に見ごたえがあるドラマでした!

見忘れてしまった方は併せてTverなどで視聴して、次回の『グランメゾン東京』に備えてくださいね。