未分類

麒麟がくる原作ネタバレに結末!脚本から明智光秀の最期も予想・大河ドラマ

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」に原作や結末ネタバレはあるのでしょうか。最終回の明智光秀の最期も気になって仕方ありませんよね。

今作のテーマは明智光秀。さらには戦国時代をモチーフに数々の有名武将が登場するので、脚本も含めかなり楽しみな作品ですね。

そんな2020年大河ドラマ「麒麟がくる」の原作ネタバレの有無や結末ネタバレ情報、そして明智光秀の最期などの予想してみましょう。

スポンサーリンク

大河ドラマ「麒麟がくる」に原作やネタバレはある?

大河ドラマ「麒麟がくる」にネタバレできる原作はあるのでしょうか?

最近の大河ドラマではオリジナル脚本が多いイメージがありますよね。

「麒麟がくる」は原作ネタバレありなのでしょうか?

原作なしでネタバレもなし!

「麒麟がくる」は原作なしのオリジナル脚本でした。ですので、当然原作ネタバレもありません

明智光秀を取り上げた作品は多くありますが、今回は原作ネタバレなしですので、どのような明智光秀を描いてくれるのか楽しみですね。

「麒麟がくる」と同背景のドラマや小説

「麒麟がくる」と同じ時代を背景に描いた作品は多くあります。中でも明智光秀が中心人物となる作品を簡単にネタバレします。

  • 信長を殺した男

漫画ですが、明智光秀の子孫である明智憲三郎さんが原案を担当しています。

漫画とは思えないほど史実に基づいており、「麒麟がくる」の予習にはピッタリな作品です。

  • 戦国の教科書

明智光秀を取り上げた作品ではありませんが、戦国時代における大名と家臣の関係など非常に分かりやすく書かれています。

流れのはやい大河ドラマの予習にどうぞ!

  • 国盗り物語

大河ドラマにもなっている司馬遼太郎さんの作品ですね。四巻からなる小説ですが、非常に読みやすく明智光秀に対するリスペクトも盛り込まれた作品ですので是非読んでいただきたい作品です。

大河ドラマ「麒麟がくる」には原作ネタバレはありませんが、物語の元となる小説や文献があると思われます。

スポンサーリンク

大河ドラマ「麒麟がくる」は原作なしの脚本家はだれ?

「麒麟がくる」は原作なしでオリジナル脚本とご紹介しましたが、脚本家はだれなのでしょうか。

NHK大河ドラマの世界観は脚本家によって、同じ時代背景でも変わってきますよね。

そんな気になる脚本家を調べていきます。

「麒麟がくる」脚本家は池端俊策

「麒麟がくる」の脚本家は池端俊策さんです。

池端さんの作品一覧です。

  • 夏目漱石の妻(2016年)
  • 聖徳太子(2001年)
  • 太平記(1991年)
  • 忠臣蔵(1990年)

池端さんの手掛けた歴史ものの脚本は数多くあり、全て書き上げることができませんが、主なNHK作品を取り上げてみました。

太平記で一度大河ドラマの脚本を手掛けていたんですね!

ますます「麒麟がくる」に期待が高まります。

脚本の傾向

池端俊策さんの脚本の傾向を調べていきたいと思います。

池端さんの過去作品からは実在する人物からの視点を描きつつ、オリジナルキャラクターとして庶民からの視点も大切にする方のようですね。

また、主人公の人間的な弱さを描く傾向もあるようです。

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」では、明智光秀の心情、特に本能寺の変前の心の揺れ動きを鮮明に描いてくれるのではないでしょうか

また、庶民からの視点ではオリジナルキャラクターが何人かいますので各々の視点で描いていくと予想されます。

スポンサーリンク

「麒麟がくる」最終回、明智光秀の結末をネタバレ予想!

「麒麟がくる」結末ラストはどうなるのでしょうか?

「麒麟がくる」では原作がないために、光秀の最期もどのように描かれるのか気になります。

ひょっとすると光秀生存説を使うのでは…?

明智光秀は前半世がまだよくわかっていない部分がある人物なので、どのようにストーリー展開されるのか楽しみですね。

そんな「麒麟がくる」の結末をネタバレ予想していきましょう。

「麒麟がくる」結末予想① 本能寺の変後、明智光秀は死して麒麟となる?

「麒麟がくる」結末ネタバレ予想の一つ目です。

やはり明智光秀の織田信長に対する恨みがつのり謀反を起こした結末が有力ではないでしょうか。

本能寺の変の後、中国地方で毛利攻めをしていた羽柴秀吉が、中国大返しにより短期間で京へ舞い戻り、光秀の最終決戦である山崎の戦いへ赴きます。

頼みの綱であった細川藤孝らの援軍も来ず羽柴軍に負けてしまうんです!

その後命からがら逃げ伸びた光秀は、農民の竹やりに刺され死亡してしまう…

そして麒麟は明智光秀の死を聞いた羽柴秀吉や細川藤孝たち光秀と親交のあった人物の頭上に現れ、のちの天下泰平を築いていくのではいでしょうか。

つまり麒麟とは光秀本人であり、光秀の想いを継いだものたちが平和な世の中を作っていくと予想できます。

「麒麟がくる」結末予想② 羽柴秀吉の陰謀で信長を討つ?

「麒麟がくる」結末ネタバレ予想の二つ目です。

羽柴秀吉の陰謀説を基にした結末もありえますよね!

人たらしと呼ばれる秀吉です、明智光秀の信長に対する心情は常に読み取っていたのではないでしょうか。

本能寺の変直後、信長の死を聞いた秀吉が中国地方から京まで短期間で戻るというのも、あらかじめ準備をしていたのでは?と予想できますからね。

そして明智光秀との決戦で勝利を納め、結果天下統一を果たしますから秀吉陰謀説でも不思議ではありません。

ですが、麒麟はいったい誰の頭上に舞い降りるのでしょうか…

「麒麟がくる」結末予想③ 光秀は生き延びて徳川家康の側近に?

「麒麟がくる」結末ネタバレ予想の三つ目です。

明智光秀生存説も大いにありえそうです。

死んでないことなんてあるの!?と思われるでしょうが十分ありえる結末なんです。

本能寺の変決行後、羽柴軍と山崎の戦いで明智光秀は負けてしまいます。

命からがら逃げた光秀は徳川家康を頼り、家康は光秀の命を助けますが、そのままの名前では秀吉にばれてしまいますよね。

なので名前をあらため「南光坊天海」と名乗り、徳川3代に続き重要な役回りを果たすという説も予想されます。

そして麒麟は家康に舞い降り、のちの天下泰平を築いていく。

この南光坊天海とは謎めいた人物で出自など詳しくは不明ですが、明智家の家紋「桔梗紋」を使用していたようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ「麒麟がくる」に原作とネタバレと結末予想について

「麒麟がくる」の原作ネタバレがあるかどうか調べてみました。

「麒麟がくる」は原作はなくオリジナル脚本ですので、原作ネタバレはありませんでした。

原作無しのオリジナルだけに結末の予想は難しいですが、明智光秀の人生には諸説ありますので、どの説で描かれるのか楽しみです。

麒麟は誰に舞い降りるのか?最後まで楽しんでいきましょうね♪

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA