この世界の片隅に動画

この世界の片隅に晴美が死亡した?ラストシーンの真相とは?

投稿日:

ドラマ版この世界の片隅に。

6話のラストシーンは衝撃の展開となっていました。

 

『晴美が死亡したの!?』と気になる終わり方でした。

この記事では、この世界の片隅にで晴美が死亡したのかどうかについてお伝えしていきます。

 

この世界の片隅に晴美のラストシーンについて

この世界の片隅にの中で晴美が死亡したのか、気になるシーンはラストでした。

 

主人公のすずが姪の晴美が一緒にいる時、空襲に遭ってしまいました。

防空壕に避難したことで、なんとかしのぐことができました。

 

その後、すずと晴美が手を繋いで、待ちを歩いていた時、晴美の後ろには爆弾のようなものがありました。

 

気が付いたすずはすぐに晴美の手を引いて、その場を逃げるのですが・・・。

このような終わり方となったので、晴美の生死が気になりますよね。

 

この世界の片隅に晴美は死亡したの?(ネタバレあり)

この世界の片隅にのラストですずが晴美の手を引いて逃げようとしましたが、時すでに遅し。

晴美の近くにあった爆弾と思われるものは時限爆弾だったのです。

 

運悪く、時限爆弾が爆発をしてしまい、近くにいたすずと晴美は爆発に巻き込まれてしまいます。

爆発の後、すずは気を失ってしまい、気が付いたら北條家の布団の上にいました。

 

そこで、まずはじめに発したすずの言葉は『ごめんなさい晴美さん。ごめんなさいお姉さん。』でした。

だが、そんなすずの言葉は晴美には届かない。

 

さらに、晴美と繋いでいたすずの右手がなくなっていたのです。

怪子から『人殺し、人殺し、晴美を返して!』と罵られてしまうすず。

 

このことから、すずは晴美が時限爆弾に巻き込まれて死亡したことを知るのです。

晴美と右手を失ってしまったすず。

 

ショックが大きすぎて言葉を失ってしまうすずでした・・・。

 

さらに、怪子からは罵倒され、責め続けられるなんて、すずの気持ちを考えたら胸が張り裂けそうなくらいに痛くなりますよね。

 

この世界の片隅に晴美が死亡したことで・・・

この世界の片隅にの中で時限爆弾によって命を落としてしまったすず。

すずに全ての責任があるわけではありませんが、自分を責めてしまうすず。

 

その時、心配をした妹のすみがわざわざ広島からお見舞いにきて、『広島に帰ってきたら?』とすずに声をかけます。

すずは迷いました。

 

ただ、北條家に居続けることができなくなったと感じたすずは広島へ変えることを決心します。

しかし、広島には巨大な雲が立ち上っていたのです・・・。

 

不運が続いてしまうすずですが、どのように乗り越えていくのでしょうか。

 

この世界の片隅に晴美が死んだことのまとめ

時限爆弾に巻き込まれてしまって、晴美は死亡してしまいました。

また、すずは右手を失ってしまうのです。

 

ドラマ版この世界の片隅に6話が衝撃の展開となっていて、早く7話が早く観たくなると思いますが7話が放送されるのは、9月2日となっています。

少しもどかしいかもしれませんが、気長に待ちましょう。

 

それか、今のうちに、今までの話を振り返ってみるのも良いかもしれませんね。

これまで放送されたこの世界の片隅にの動画を視聴する方法があるので、観たい人は利用してみてくださいね。

>>この世界の片隅にドラマを無料視聴する方法!

 

-この世界の片隅に動画

Copyright© VODまとめList , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.