猫の恩返し動画

猫の恩返しでムタの名前は?名付け親についても解説します!

投稿日:

猫の恩返しはタイトルにあるように、猫たちが主役?のジブリ作品となっています。

様々な種類や毛並みを持った猫たちが登場しますが、その中でも一際存在感があるの猫がムタですよね。

 

ただ、ムタというのは仮初めの名前で本当の名前があることをご存知ですか?

この記事では、猫の恩返しのムタの名前をご紹介すると共に、”名付け親”が誰なのかについてもお伝えしていきます。

 

ムタの相棒のバロンの本名が知りたい人はこちら

 

猫の恩返しのムタとは?

まずは、猫の恩返しで一番存在感があると言っても、過言ではない猫のムタについておさらいしておきましょう!

ムタを一言でいうと、白くて太った猫です。

 

普段は商店街をうろついています。

いつもムスッとして表情をしていて、気が短くて口がわるい性格をしていますが、本当は心優しい善良な猫。

カラダが大きいのは伊達ではなくて、パワーが猫界では一番あります。

 

主人公のハルを放り投げることができるシーンで怪力具合が確認できます。

ムタは自分のことについては多くを語らないミステリアスな部分があります。

 

実は、過去に”大犯罪”を犯しているムタ。

寿命についても、普通の猫をゆうに超えているほどいきていると推測されます。

 

さて、そんなムタですが、名前は別にあります。

 

猫の恩返しでムタの名前とは?

猫の恩返しでは『ムタ』という名前で呼ばれていますが、ムタの本当の名前はルナルドムーンと言います。

なぜ、本名ではなくて別の名前を名乗っているのか。

 

それは、ムタが過去に犯した大犯罪にあります。

ムタは過去に、国中の魚を食い尽して逃亡したのです。

 

いわば、国の大切な食料を一人で食べきって、終われたけど、逃げ切ったということですよね。

たくさん食べても動けたところを考えると、満腹にはならなかったのかもしれませんね・・・。

 

ちなみに、ムタの伝説は語り継がて壁画になるほどでした。

この時はまだ、ルナルドムーンと名乗っていたのですが、大罪人ルナルドムーンとして名前が知れ渡ってしまったために、ムタと名乗っているのです。

 

ちなみに、ムーンというのはジブリ作品耳をすませばの天沢が名付けたものとなっています。

(耳をすませばの月島の書いた小説が猫の恩返しという設定になっているので、繋がりがあるのです。)

 

猫の恩返しでムタの最後のセリフが可愛い!

猫の恩返しでムタの最後のセリフが聞き取りづらかったり、意味がよく分からなかったという人がいるかもしれませんね。

猫の恩返しの最後ではが無事に助け出され、バロンに告白?をするシーンがあります。

 

ハル『バロン、あなたのこと好きになっちゃったかも』

バロン『ハルの素直なところが私は好きだよ』

バロン『私たちを本当に必要としたら、猫の事務所の扉は開くだろう、それまでしばしの別れ』

ハル『さようなら、ありがとーバロン、トトさん、ムタさんもね〜!』

ムタ『もってなんだ、もって』

 

このようなやりとりがあります。

 

この時のムタは「『もっ』ってなんだ『もっ』って」と言っています。

つまり、自分がついでに感謝されたことに対して突っ込んでいるのです。

最後の最後まで、和ませてくれるなんてさすがは癒しキャラですよね。

 

猫の恩返しのムタの名前はルナルドムーン!

猫の恩返しに出てくる白くて太っている猫のムタの名前についてお伝えしました。

ムタの本当の名前はルナルドムーンと言います。

 

ムーンと言う部分は、耳をすませばの主人公の天沢が独自に名付けた名前となっています。

ムタはなんだかんだ言っていますが、いざという時はとても頼りになる猫です。

 

その活躍っぷりをぜひご堪能ください。

ムタの活躍を見たい場合は猫の恩返しの動画フルで無料視聴する方法があるので、そちらをご活用ください。

 

 

-猫の恩返し動画

Copyright© VODまとめList , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.