踊る大捜査線動画

踊る大捜査線の映画動画を無料視聴!レインボーブリッジは封鎖できるのか?

投稿日:

「踊る大捜査線」とは、1997年にフジテレビで放送された刑事ドラマシリーズ。主演は元営業マンから脱サラした所轄の刑事・青島を演じる織田裕二さん。

その他、エリート刑事を柳葉敏郎さん、同僚を深津絵里さん、今は亡きいかりや長介さんも同僚刑事として出演しています。

ドラマは全話平均18.2%、最終話は23.1%。同年12月の「歳末特別警戒スペシャル」で25.4%、翌年10月の「秋の犯罪撲滅スペシャル」でも25.9%と高視聴率をマークし、3本連続の大台突破と当時は絶大な人気を誇るドラマとして知られていました。

 

第27回日本アカデミー賞では、【優秀作品賞・優秀監督賞・優秀脚本賞・優秀主演男優賞・優秀助演男優賞・優秀助演女優賞・優秀音楽賞・優秀撮影賞・優秀照明賞・優秀録音賞・優秀編集賞・話題賞】を受賞した。

 

踊る大捜査線映画動画レインボーブリッジを封鎖せよ!動画の基本情報は?

踊る大捜査線の劇場版第2作。国内の観客動員数1260万人、興行収入173.5億円で、2003年の国内劇場公開映画の興行収入第1位を記録。

これは、実写邦画歴代興行収入第1位であり、踊る大捜査線の人気が凄まじいものだったことがよくわかると思います。

 

本作は、青島刑事の職場、湾岸署管内で婦女暴行事件やスリ事件、さらに管内で会社役員の他殺体が発見され、警視庁捜査第一課が湾岸署に特別捜査本部を設置することから始まります。

警視庁は警察内にも男女平等があることを世間に示したく、本庁初の「女性管理官」真矢みき演じるエリート刑事・沖田仁美警視正が捜査本部長として抜擢し、柳葉敏郎演じる室井慎次警視正が捜査副本部長を務めることになる。

湾岸署管内に秘密裏に設置した監視カメラシステムによる捜査を開始するも、第2の殺人事件が起きてしまう…。湾岸署はどう立ち向かうか。

 

踊る大捜査線映画動画レインボーブリッジを封鎖せよ!の動画を無料視聴する方法は?

『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ』の動画を無料視聴する方法で、オススメなのはU-NEXTで観る方法です。

U-NEXTを使えば、踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよの動画を無料視聴できます!

 

本来、U-NEXTは月額料金1990円(税抜)必要ですが、今なら31日間無料でお試し可能となっています!

万が一、サービスが気に入らない場合は無料お試し期間中に解約をすれば料金は一切発生しないのでご安心ください。

今なら31日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑U-NEXTに登録して『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ』動画を視聴する』↑↑↑

*本ページの情報は18年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTのサイトにてご確認ください*

 

踊る大捜査線映画動画レインボーブリッジを封鎖せよ!動画のあらすじは?

警察VS警察

本作のスタートは、警察特殊部隊「SAT」の演習から始まる。SAT部隊の実力をマスコミに示すための演習で、青島や恩田などの湾岸署刑事は犯人役として参加。
演習直前、SATの責任者から挑発された青島たちは、この演習に本気で抵抗することを決める。

結果、巧みな戦術で勝利を収めてしまうのだが、上層部は怒り心頭…。
署員全員が給料減額処分を受けることになってしまう。

 

湾岸署管内で事件発生

湾岸署管内で婦女暴行事件やスリ事件が発生し、青島・恩田が担当することになる。この婦女暴行事件、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史さんが犯人役
(女性にただ噛み付くだけという特殊な犯行)として出演し、話題となりました。青島は殺人事件に関わりたく、あまり乗り気になれずにいる。

 

殺人事件発生

そんな時、管内で会社役員が縛り付けられた状態で他殺体として発見され、聞きつけた青島は現場に急行。

殺人事件と認定されると、所轄ではなく、本店(警視庁)に捜査権が移ることになり、捜査本部が湾岸署に設置されることになる。

湾岸署の職員たちは警視庁を迎え入れる準備に追われることに。

 

新・捜査本部長現る

警視庁は警察内にも男女平等があることを世間に示したく、本庁初の「女性管理官」真矢みき演じるエリート刑事・沖田仁美警視正が捜査本部長として抜擢し、
柳葉敏郎演じる室井慎次警視正が捜査副本部長を務めることになる。

沖田警視正の青島たち所轄職員に対する姿勢から、青島たちとの間に確執が生まれていく。

 

踊る大捜査線映画動画レインボーブリッジを封鎖せよ!に登場するキャストは?

青島刑事役:織田裕二

コンピュータシステムの開発会社「シンバシマイクロシステムズ」に勤務する成績ナンバーワンの営業マンであったが刑事ドラマの刑事に憧れ、警察官に転職したという人物設定。
とてもアツイ男で、どんな些細な事件でも全力で立ち向かう情熱のある刑事。

上からの命令を無視して自分の捜査をすることもあり、出世や成績の事しか考えない本庁の捜査員とは意見が対立することもしばしばある。
愛用のコートがトレードマーク。織田さん本人がアツイ人のイメージがあるからか、織田さんがぴったりなはまり役です。

 

室井刑事:柳葉敏郎

秋田県出身の警察のエリート、警視庁のキャリア官僚。

当初は青島と衝突する事が多かったが、湾岸署との交流の中で、所轄の刑事が活動しやすい組織作りと警察の改革を進めようと決意する、こちらもアツイ男。キャリア官僚ではあるが、たとえ階級が下の人間であっても、自分より年長者に対しては、丁寧な口調で話す人格者。

時折、秋田弁が出ることがあり、秋田弁が事件解決のキッカケになることもあった。

 

恩田すみれ役:深津絵里

湾岸警察署刑事課盗犯係の女性主任刑事。設定は1月11日生まれのO型と深津さん本人と同じ。

正義感溢れる女性刑事で、特に女性や子供など弱者が巻き込まれる事件には徹底的に立ち向かう。

相手が上司だろうが決して媚びない意志の強さを持ち、本庁幹部だろうと関係ないその姿が人気の女性刑事。
本作では、捜査中に拳銃で撃たれて重傷を負ってしまう。

 

沖田仁美役:真矢みき

出世のために視庁総務部広報課を利用して自身を上層部に売り込み、女性初の刑事部管理官になる。踊る大捜査線の名台詞として、「事件は会議室で起こってるんじゃない、現場で起きてるんだ」という青島刑事の言葉がありましたが、それに対し「事件は会議室で起きている」と言い放つ。

強気な発言と態度とは裏腹に、実現場での指揮を取る経験値は浅く、本作ではパニックに陥り、所轄捜査員だけでなく自身の直属の部下であるはずの本庁捜査員をも消耗品扱いする内容の発言をしたことで、捜査本部の全捜査員から不満と不信を買ってしまい、新城補佐官の本庁への進言により本部長を解任されてしまう。

 

和久平八郎役:いかりや長介

青島刑事と同じく湾岸署刑事課強行犯係に在籍。青島に刑事のイロハを教えた老刑事。人物設定は映画『セブン』に登場するモーガン・フリーマンを意識して作られたものである。

この映画が自身の最後のキャリアとなる。
「正しいことをしたかったら偉くなれ」という言葉がたびたび出てくるが、警視庁と所轄の関係を変えたい室井へのメッセージ。

本作では権威を笠に着た傲慢な言動を繰り返す沖田に対し、「もう、お前の命令なんか聞けるか!俺たち下っ端はなぁ、あんたが大理石の階段を上っている間、地べた這いずり回ってんだ。

文句も言わず命令どおりになぁ!これ以上若いもんを傷つけないでくれ…」という名台詞を残す。

本業が芸人とは思えないすばらしい演技を見せてくれます。

 

踊る大捜査線映画動画レインボーブリッジを封鎖せよ!の3つのみどころは?

青島刑事と室井刑事

踊る大捜査線といえば、この刑事2人の関係性が大きなみどころであり、それは本作でも変わっていません。

新たに女性刑事が本部長として指揮を取り、所轄職員に対し、雑な対応を取る一方で、室井は青島に別捜査を独自に依頼する。

それは合法ではない捜査方法で、青島も反発するが、合法でないからこそ信頼の置ける人間に依頼したと理解し、引き受けることに。

傲慢な態度で全職員から反感を買い、本部長を解任された沖田の後任で本部長を務め、事件を解決へと導いた。
このアツイ刑事2人は見ものです。

 

爽快なコメディ性

シリアスな場面とコメディの場面が気持ち良く入り組んでいるのが、踊るシリーズの観ていて飽きがこないところ。
特に、北村総一郎演じる神田署長、斉藤暁演じる秋山副署長、小野武彦演じる袴田刑事課長の3人(通称スリーアミーゴズ)の絡みは思わず笑ってしまいます。

嫌なことへの本音や、本作中では署内で販売するお弁当をどこの業者にお願いするかをめぐり、大人の汚い取引現場を見せている。

警察として立場的にも絶対にやってはいけないことをしますが、なぜか憎めない3人にも注目してほしいです。

 

新しいキャスト

劇場版といえば、新キャストですが、女性本部長として真矢みきさん、警視庁の情報通信局からきた刑事役を小泉孝太郎さん、どちらもエリート刑事役をスマートにこなしています。

そして、女子高生を連続して襲う噛み付き魔役に岡村隆史さんもしゃべらない犯人役として好演しています。

 

今なら31日間無料キャンペーンを実施中!!

↓↓↓↓

↑↑↑U-NEXTに登録して『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ』動画を視聴する』↑↑↑

*本ページの情報は18年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTのサイトにてご確認ください*

 

踊る大捜査線映画動画 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!を視聴した人たちの感想は?

実際に映画を視聴した人がどのように感じたのか?感想を見てみましょう。

 

【素直におもしろかった】山口県:山さん

山さん

一作目に劣らずワクワクドキドキ出来てやっぱり面白かった。

ちゃ~んとオチも付けてくれてるし期待を裏切らない作品。
映画としてはどうかな?と思う点も多々ありですが、踊る大走査線が好きな人なら見て損はないと思いますね。

スト-リ-はお決まりの展開ですし、青島がたまにうっとうしいですけど。(笑)
今は亡き長さんに、グッとくるものを感じました。
今度の映画は、前の映画からの設定が継続されていて、年月が経ったということなのでしょうか、青島刑事(織田裕二)は、係長昇進だそうですね。

 

【全てにおいてけた外れ!!】東京都:ぽんさん

ぽんさん

この画面からあふれ出るパワーは、何なんだろう。
見る前のワクワク感。見ている時のドキドキ感。
見終わった後の充実感。老若男女を虜にした一大エンターテイメント。
ファンにとってはたまらない。
踊る大走査線が好きで、映画版を見たいなら失敗はないと思います。

真矢みきちゃんの官僚役・・・・ムカツキますねw
「そんな仕事、どうだっていいでしょ!」と言い切ってしまうあたり・・
普通の会社だって暴動が起きそうですww
実際あんな本部長がいたら、かなり危ない。たいして能力がないのにプライドだけは高い。
追い詰めた犯人を一度は逃したのも、はっきり言うと彼女の責任だ。
あと室井さん・・・かっちょいい~~!

私は踊るファンですけど、「1」と同じくらいこの「2」が好きです。カッコいいですよ!
所長の不倫騒動も、いつもの湾岸署らしくドタバタしてて面白かった。

 

【おもしろい】奈良県:ろめおさん

ろめおさん

ドキドキと感動と笑いがとても良いバランスで、良い作品だと思います。何度か見ても面白いと思います。
踊るシリーズは昔から観ていますが、どの作品もしっかり個性があって、毎回見ごたえがあります。
前作から5年近くたっているのに青島他のメンバーは当時とまったくかわっていないので、まったく違和感なく見ていけました。

 

【いかりやさん(和久さん)に会いたくなりました】神奈川県:くじらさん

くじらさん

名作!!今までにない刑事ドラマですね。
警視庁本部と所轄とのかかわり、組織というものについて、深く考えさせられる、非常にスリリングな映画でした。

役者さんの味が出ていいのはもちろんですがやっぱりなんといっても「踊る」でどうしてもはずせないのは和久さんだと思います。
それだけに和久さんが出るたびにもうこの世にいらっしゃらないんだと寂しくもなります。
真矢みきの役はイラっとするんだけど、女性としてかっこいいなと思った!

また名セリフが出来ちゃいましたねっ
レインボーブリッジ封鎖できませ~ん

 

踊る大捜査線映画動画 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!のまとめ

ストーリーだけでなく、それぞれの役者の個性が非常に際立っているのが、「踊る大捜査線」の最大の魅力だと思います。

 

本作は特に、和久刑事を演じるいかりや長介さんのシリーズ最期の出演作品。上段のレビューにも出てきていますが、長さん最後のドラマ、笑いも感動も彼無しでは語れない作品です。

日本を代表する刑事もの、ぜひ観てみてください。

 

踊る大捜査線映画の動画レインボーブリッジを封鎖できまっせんのお得な視聴方法は、上部でもご紹介した通りU-NEXTが今ならとってもお得です!

-踊る大捜査線動画

Copyright© VODまとめList , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.