バレンタイン

ショコラティエの有名な日本人は?人気パティシエにも会えるお店を紹介

ショコラティエ有名

ショコラティエの有名日本人や人気パティシエは、バレンタインのシーズンが近づくたびに気になるもの。

バレンタインチョコを選ぶ際に、ステータスも大事と考えて選ぶ方も多いと思います。

日本の有名人気ショコラティエやパティシエは、日本全国各地のバレンタインイベントに引っ張りだこですが、当然普段はご自身のお店で実際にチョコレートやスイーツを作っていらっしゃいます。

今回は何度もテレビで紹介されている、有名日本人男性ショコラティエ・パティシエに会えて、美味しいショコラが食べられるショップというカテゴリでご紹介をしていきます。

スポンサーリンク

有名な日本人男性人気ショコラティエ・パティシエ5名

早速、有名日本人ショコラティエ・パティシエをご紹介していきます。

小山 進(こやま すすむ)シェフ

小山進シェフの略歴をご紹介します。

【小山進シェフの略歴】

1994年~2001年
TVチャンピオンケーキ職人選手権大会で優勝・準優勝
2011年 TV東京「カンブリア宮殿」出演
2012年 毎日放送「情熱大陸」出演
2013年~2017年
「インターナショナル・チョコレート・アワーズ世界大会」で、多数の金賞を受賞
2011~2018年
チョコレートの祭典「SALON DU CHOCOLAT PARIS」で「C.C.C.」(Club des Croqueurs de Chocolat)のコンクールで8年連続最高位の「ゴールドタブレット」を獲得。

(引用元:ウィキペディア(Wikipedia)抜粋)

若いときから有名なシェフですね。TVチャンピョンから産まれた「コヤマロール」は当時爆発的な人気があって、幼かった私も「食べた~い!」と思っていました。

進化したコヤマロール。あのタイミングから異常にロールケーキ人気が高まった気がします。

ロールケーキは神です!

辻口 博啓(つじぐち ひろのぶ)シェフ

 

Voir cette publication sur Instagram

 

明日試写会です。 #辻口博啓 #ショコラドアッシュ#ショコラ#映画

Une publication partagée par 辻口 博啓 (@htsujiguchi) le

辻口博啓シェフの略歴をご紹介します。

【辻口博啓シェフの略歴】

1990年 史上最年少の23歳で「全国洋菓子技術コンクール」優勝。その後、多くの国内大会で優勝し「コンクール荒らし」の異名を持つ
1994年 フランス「コンクール・シャルル・プルースト」銀賞
1997年 「クープ・ド・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」のあめ細工部門で優勝
1999年 フジテレビ『料理の鉄人』に出演。
2000年 ガストロミックの会モンタニエよりシュバリエを受賞
2012年 石川県に「スーパースイーツ製菓専門学校」(学校法人国際ビジネス学院)開校。学校長に就任。
2013・2014年
C.C.C.のショコラ品評会で最高位「5タブレット+★」を受賞。
2014年 C.C.C.のショコラ品評会で最高位「5タブレット+★」を受賞。
2015年~2018年
C.C.C.のショコラ品評会で最高位のゴールドタブレットを受賞。
2015年~2017年
「インターナショナルチョコレートアワーズ」で多数の金賞を受賞

(引用元:ウィキペディア(Wikipedia)抜粋)

テレビなどもメディアでは本当によく見かけますよね?

ご本人も面白い方で、テレビに出るためにお顔のシミ取りをされるお茶目さんです。

 

Voir cette publication sur Instagram

 

マルシェとして表現した作品

Une publication partagée par 辻口 博啓 (@htsujiguchi) le

辻口博啓シェフのご実家が和菓子屋さんであることは有名ですよね。

和を取り入れたスイーツも多く作られています。

鎧塚 俊彦(よろいづか としひこ)シェフ

鎧塚 俊彦シェフの略歴をご紹介します。

【鎧塚俊彦シェフの略歴】
1992年 神戸ベイシェラトンホテルタワーズのセクションシェフから、副製菓長として3年間勤務。
1995年 30歳で渡欧、スイス・シャフハウゼン「ツッカーベッカライ エルマティンガー」に入店、オリジナル菓子「トシ・マンデル・クローネ」が人気商品になり、1年半勤務。
1996年 オーストリアウィーン郊外、「バックハウスアンナミューレ」でアシスタントシェフ、1年半勤務。
1998年 パリ2区モントルグイユ通りにあるパリ最古の伝統店「ストレー」入店、2年間勤務。
2000年 ベルギーの3つ星レストラン「Bruneau(ブリュノウ)」シェフパティシエとして、2年間勤務。
2003年  有限会社アトリエ・サンセール設立。
2004年 恵比寿に「Toshi Yoroizuka」開業を皮切りに、多数の店舗を出店。
2013年 TV番組『アイアンシェフ』に出演、フレンチの須賀洋介との「いちご対決」に勝利。

(引用元:ウィキペディア(Wikipedia)抜粋)

女優の故川島なお美さんのご主人としても有名となりましたが、経営手腕やセルフプロデュースも素晴らしく、多数の店舗を出店されています。

網膜中心静脈閉塞症で左目がほとんど見えない中のスイーツ作り、お体をお大事に、素敵なスイーツを作り続けてください。

川口 行彦(かわぐち ゆきひこ)シェフ

川口行彦シェフの略歴をご紹介します。

【川口行彦シェフの略歴】

日本におけるショコラティエの先駆者。
「ドンク」「ルノートル」にて修行後、渡仏。
1986年 日本で初めてとなるチョコレート専門店「和光チョコレートショップ ルショワ」を立ち上げ、17年間勤め上げる
2003年 独立し自身の店「オリジンヌ・カカオ」を自由が丘にオープン。素材の原産地(オリジンヌ)にこだわったチョコレート作りは、本場ヨーロッパでも高い評価を受ける。
口どけのスピードまで計算されたフレッシュなチョコレートを提供し続けており、フランスのC.C.C.で日本人初の最高評価を受ける
2005年秋ついに世界最高峰の国際的洋菓子協会であるルレ・デセールのメンバー入りを果たす。

(引用元:公式プロフィール抜粋)


正に、言わずと知れた日本ショコラティエ界の重鎮であり、レジェンドオブレジェンドです。

生粋のショコラティエさん、職人気質の方という感じですね。

川口行彦シェフのオランジェットはオーガニックコーヒーとの相性が凄くいい気がしますし、おつまみとしても頂ける最強のショコラです!

三枝 俊介(さえぐさ しゅんすけ)シェフ

三枝俊介シェフの略歴をご紹介します。

【三枝俊介シェフの略歴】

大阪の名門ホテル「ホテルプラザ」で洋菓子界の重鎮、故・安井寿一氏に師事。
1991年 パティスリー「メランジュ本店」を大阪府吹田市にオープン
1994年 リゾートカフェ「清里マチス」をオープン
2004年 大阪西梅田に関西初の本格的ショコラ専門店として「ショコラティエ パレド オール OSAKA」をオープン
2007年 東京丸の内に「ショコラティエ パレド オール TOKYO」をオープン
TV東京系の「ソロモン流」やTBS「バース・デイ」など数々のTV、メディアで反響を呼び、 フランス・パリで行われた「サロン・デュ・ショコラ」にてセミナーを実施。
2014年 「アルチザン パレドオール」を山梨県清里高原にオープン
2015年 東京、青山に「アルチザン パレドオール青山店」をオープン
2018年 NHKテレビ「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演
2018年 NHK BSプレミアム 「極上!スイーツマジック」に出演

(引用元:公式プロフィール抜粋)


”自らがカカオ豆からショコラに仕上げるまでを手がけるシェフ”として世界的にも有名な三枝シェフ。

年間五十種類ものクーベルチュールを取り扱いマリアージュさせたショコラは格別です。


どっちも美味しそう~!チョコレートを食べながら仕事をするなら、こんな高級ショコラが食べたい♪

スポンサーリンク

有名な日本人男性人気ショコラティエ・パティシエに会えるお店

チョコ

(引用元:https://pixabay.com/)

ここからは、有名な日本人男性の人気ショコラティエやパティシエに会えるお店をご紹介します。

パティシエ エス コヤマ/小山進シェフ

おとぎの国に迷い込んだ気分になれそうです。

  • 兵庫県三田市ゆりのき台5丁目32-1
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 電話番号:0120-931-395/079-564-3392(携帯から)
    (予約・キャンセル・変更専用)
    0120-086-832/079-564-3192(携帯から)
    (その他の問い合わせ)
  • 定休日:ショップカレンダーの通り

ル ショコラ ドゥ アッシュ/辻口博啓シェフ

 

Voir cette publication sur Instagram

 

#ルショコラドゥアッシュ #lechocolatdeh #chocolatier #chocolate #タルトショコラ #銀座 #ginza

Une publication partagée par hico (@hicoffeeee) le

モード系の雰囲気です。辻口シェフは色々な店舗でショコラを置いていますね。

  • 〒104-0061 東京都中央区銀座6-7-6 銀座細野ビル1F
  • 電話番号:03-6264-6838
  • 営業時間:11:00 – 20:00 (LO 19:30) ※火~土
    11:00 – 19:00 (LO 18:30) ※日・祝日最終日
  • 定休日:月曜日

ヨロイヅカ EC/鎧塚俊彦シェフ

イメージカラーのピンクと黒が凄く目を引きます。一度で覚えられるパッケージも可愛い!

  • 東京都渋谷区恵比寿1-32-6 アルス恵比寿イスト1F
  • 電話番号:03-3443-4390
  • 営業時間:11:00~20:00
  • 定休日:火曜日

オリジンーヌ・カカオ/川口行彦

 

Voir cette publication sur Instagram

 

オリジンーヌ・カカオ 自由が丘本店

Une publication partagée par N (@n__gourmet) le

シンプルモダンな外観が素敵。カカオの形をした看板がアクセントですね。同ブランドは銀座店もあります。同ブランドは銀座店と大阪店があります。

  • 東京都目黒区緑が丘2-25-7 ラ・クール自由が丘2F
  • 電話番号:03-5731-5071
  • 営業時間:10:30~18:30(カフェLo / 17:30)
  • 月曜・火曜定休(月曜が祝日の場合は営業し、火曜・水曜休)

ショコラティエ パレ ド オール/三枝俊介シェフ

 

Voir cette publication sur Instagram

 

パフェが食べたくなって 東京駅まで食べにきた(๑ơ ₃ ơ)♥ パフェ パレドオール リュミエール ヴィンテージ アッサム ピスタチオが濃厚!! アーモンドアイスも程よい甘さ 苺アイスは ラズベリーのつぶつぶ感があり 酸味の効いたアイス トナカイチョコレートは ビター 苺は甘酸っぱい苺で 酸味が甘さを抑えてくれるので バランスがいい(ˊo̴̶̷̤ ̫ o̴̶̷̤ˋ)♡ 隠れてチョコレートも中にあるので パリパリと食感もあり ザクザクしたキャラメルアーモンド的なのも 入ってるかなぁܸܸ ꙭ̱ ܸܸ #パレドオール #パフェパレドオールリュミエール #東京 #パフェ #デザート #クリスマス #チョコレート #チョコ

Une publication partagée par Hikaru (@hikarucompany) le

宝石を売っていそうな高級感溢れる外観。外からでもショコラを見ることができるのがいいですね。

  • 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 1F
  • 電話番号:03-5293-8877
  • 営業時間:平日11:00 – 21:00 / Last order 20:30
    日祝11:00 – 20:00 / Last order 19:30
スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?バレンタインに大切な人に贈るために足を延ばすのもいいですし、自分へのご褒美に出かけるのも楽しいですね。

運が良ければ有名日本人ショコラティエ・パティシエの方に会えるかもしれない、そんな素敵なお店を紹介しました。

また、1月2月はバレンタイン商戦で各シェフは全国の百貨店を行脚されていますので、そちらもチェックしてみてください。

スポンサーリンク