人物

佐藤流司の壊死しろ発言で炎上はブロウビートのネタだった?

2.5次元俳優として活躍中の佐藤流司さんですが、2019年1月に「壊死しろ」との発言をし、炎上する事態に。

炎上した佐藤流司さんの壊死しろ発言は、ブロウビートのネタとの話がありますが本当なのでしょうか?

佐藤流司さんの「壊死しろ」発言の真相に迫ります!

また俳優以外にも、バンド「The Brow Beat(ブロウビート)」のRyujiとしての顔をもつ、佐藤流司さんのプロフィールもご紹介します。




佐藤流司「壊死しろ」発言が炎上!Twitterの反応は?

 

Voir cette publication sur Instagram

 

#佐藤流司 #ryujisato #ryuji #thebrowbeat #うちはサスケ #naruto #暁の調べ #加州清光 #刀剣乱舞 #刀ミュ #リフォロワー

Une publication partagée par ゆうきゃん2 (@tsubayama8341_2) le

佐藤流司さんが「壊死しろ」と発言し、炎上した当時のTwitterの反応をご紹介します。

炎上の理由がわからないというつぶやきもありましたし、「The Brow Beat」(ブロウビート)のライブでのネタの可能性が高いといった声もありました。

「壊死しろ」とだけ聞くと驚いてしまいますが、どんな経緯でこの発言が飛び出したのでしょうか?




佐藤流司「壊死しろ」発言はブロウビートのネタ?

炎上した佐藤流司さんの「壊死しろ」発言は「The Brow Beat」ブロウビートのネタだったのか、いきさつを調べました。

佐藤流司「壊死しろ」発言のいきさつ

問題発言があったのは、「魔法が使えたら」をテーマとした、ブロウビートのライブツアーにおいてでした。

公演でのMC中、ツアーコンセプトである「魔法が使えたら」の話になり、佐藤流司さん自身が魔法を使えたらどうする?との話題に。

その際に飛び出したのが、

誹謗中傷する奴の指壊死しろ

だったとのことです。

この壊死しろ発言は、ブロウビートのRyujiとしてのものでした。

しかし、佐藤流司さんはミュージカル「刀剣乱舞」の加州清光役で活躍中だったこともあり、俳優としての舞台を降板した方がよいとの声もあがっていたようです。

炎上した「壊死しろ」発言はブロウビートのネタだった

佐藤流司さんの壊死しろ発言について、こんなつぶやきがありました。

いきさつも紹介しましたが、問題となった発言はブロウビートのネタであると推察されます。

ライブでは笑いも起きていたとのことですから、きつい口調でもなかったのでしょう。

刺激的な言葉はその場を盛り上げることもありますし、「もし魔法が使えたとしたら」というあり得ない前提があったので、佐藤流司さんとしては大丈夫と思ったのかもしれませんね。

ただ、言葉によってはひとりの人間として疑われてしまう場合もあります。

身内の会話ならその場だけですみますが、大勢の前での発言なので、もう少し穏やかな表現にしていれば、炎上せずにすんだかもしれませんね。




佐藤流司のプロフィール

最後に佐藤流司さんのプロフィールをご紹介します。

  • 生年月日:1995年1月17日(24歳)
  • 所属事務所:劇団ひまわり
  • 主な出演作品:『仮面ライダーフォーゼ』ミュージカル『忍たま乱太郎』『テニスの王様2ndシーズン』『刀剣乱舞』など

2011年の「仮面ライダーフォーゼ」の佐竹輝彦役でデビュー。

以降、2.5次元俳優として人気となり、舞台を中心に活躍されています。

加州清光役として佐藤流司さんが主演するミュージカル『刀剣乱舞』は、チケットが入手困難なほどの人気ぶりです。

ぱっちりした目が印象的な佐藤流司さんですが、舞台メイクをほどこすとさらに目力が強くなりかっこよくなりますね。

また、刀剣乱舞で大和守安定を演じている鳥越裕貴さんとは、同じ沖田総司の刀ということもあり、仲良しな様子がうかがえます。

加えて2018年からは、バンド「The Brow Beat」(ブロウビート)のボーカルRyujiとしても活動を始めています。

PENICILLINのHAKUEIさんプロデュースの元、アルバム「ラグナロク」でデビュー。

2020年のZeppツアー開催も決定済みで、バンド活動の方も順調なようです。

俳優としては、2019年9月からMBS/TBSドラマイズム枠のドラマ「REAL⇔FAKE」へ鈴木翔琉役での出演が決定しています。

”人気バンドのボーカルで不器用”という鈴木翔琉役が、どこか佐藤流司さんの素と被るような気がするのは私だけでしょうか?




佐藤流司の壊死しろ発言で炎上のまとめ

 

Voir cette publication sur Instagram

 

. 私的にこれは反則だった . 本当に良くないかっこ良すぎるむり . #佐藤流司 #貴族誕生 #ナンバースリー

Une publication partagée par Mow (@moe_five_5) le

2019年1月に炎上した、佐藤流司さんの壊死しろ発言について、ブロウビートのネタだったのか?真相を調査しました。

佐藤流司さんの壊死しろ発言は、ブロウビートのネタだったことがわかりました。

しかし、選んだ言葉が言葉だけに、不快に感じた方も多く炎上という結果になったようです。

炎上というには、可愛い火種にも思えますが・・・。

佐藤流司さんのその後も、バンド、俳優、両方とも順調な様子がうかがえます。

ミュージカル『刀剣乱舞』での加州清光の人気ぶりからも、演技や歌の才能の持ち主なのがわかりますし、今後の活躍にも期待したいですね。