未分類

青天を衝けは原作ネタバレあり?脚本家から渋沢栄一の人生の結末を予想!

晴天を衝け原作ネタバレ

大河ドラマ「青天を衝け」に原作やネタバレはあるのでしょうか。

脚本家の傾向をみながら、その結末を予想してみたいと思います。

2021年1月から放送予定のNHK大河ドラマ「青天を衝け」は渋沢栄一を主人公にしたドラマになります。

ここでは2021年の「青天を衝け」の原作やネタバレの有無、そして渋沢栄一の経歴を踏まえてドラマの結末の予想をしていきましょう。

スポンサーリンク

2021年大河ドラマ「青天を衝け」は原作ネタバレがある?

「青天を衝け」にネタバレになる原作はあるのでしょうか。

2018年の「西郷どん」は原作ありでしたが、この作品を最後にNHK大河ドラマはオリジナル脚本が続いています。

「青天を衝け」は原作ありかオリジナル脚本かどちらでしょう。

「青天を衝け」の原作ネタバレはなし

「青天を衝け」は原作なしのオリジナル脚本です。

当然、原作ネタバレもありません。

主役の渋沢栄一は「日本資本主義の父」と呼ばれ、新一万円札の顔になる程の人です。

少し調べただけでも、実業家として六百もの会社の設立に関わったことや、今のみずほ銀行の前身となる銀行を作ったなど、すごい功績がたくさんありました。

ですが彼の人柄や人物像は、一般にはあまり知られていないように思えますよね。

一人の人間としての渋沢栄一の人生をどんな風に魅力的に描くのか期待が高まりますね。

「青天を衝け」ノベライズ(小説化)の可能性

「青天を衝け」はノベライズ(小説化)の可能性があるのでしょうか。

調べましたが、今(2020年2月)の時点で「青天を衝け」にノベライズ化の動きはないようです。

ただ、オリジナル脚本の大河ドラマは過去、何作もノベライズ化されています。

「青天を衝け」も今後ノベライズ化される可能性は大きいと思われます。

渋沢栄一に関する関連書籍

先ほども書きましたが、渋沢栄一がどんな人間だったのか、よく知らないという人も多いのではないでしょうか。

「青天を衝け」が始まる前に渋沢栄一について知りたいという方に向けて、書籍をいくつかご紹介いたします。

どれもamazonで購入することができますよ。

漫画版 論語と算盤

渋沢栄一の人生を伝記形式で知ることができる一冊です。漫画なので読みやすく「青天を衝け」の予習にはピッタリだと思います。

渋沢栄一 100の訓言

渋沢栄一が残した言葉をまとめた本です。見開きで一つの言葉を紹介しており、言葉の意味をかみ砕いてわかりやすく説明してくれていますので、すいすいと読めると思います。

他にも渋沢栄一のことを書いた関連書籍はたくさんあります。

興味を持ったという方はぜひ検索してみてくださいね

スポンサーリンク

「青天を衝け」は原作なしで脚本家はだれ?

「青天を衝け」は原作なしのオリジナル脚本です。

一体だれが担当されるのでしょうか。脚本家はどんな方なのか調べてみました。

「青天を衝け」の脚本家

「青天を衝け」の脚本家は大森美香さんです。

福岡出身の脚本・演出家で映画監督としても活躍されてます。

脚本家になる前は、地方のテレビ局で一般職で働いていたそうです。

テレビ局退社後はフジテレビのADとして働き、その時に書いた脚本が縁で脚本家デビューされました。

2000年からはフリーランスになっています。

大河ドラマの脚本は今回が初めてですが、NHKとはずっとお仕事をされていたようです。

満を持しての登場といったところでしょうか。

ご本人も

幕末ドラマを今までにない目線で描けないかずっと考えていた

引用元:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/412103.html)

というように「青天を衝け」への気合がうかがえるコメントをされています。

過去の脚本作品と傾向

大森美香さんは過去どんな脚本をされていて、どういった傾向のお話を書かれるのでしょうか。

ひとつずつ調べていきたい思います。

まずは過去の脚本です。

大森美香さん脚本でNHKといえば朝ドラ「あさが来た」を思い浮かべる方が多いことでしょう。

平均視聴率23.5%という平成の大ヒットドラマですね。

作中の人気人物が退場してしまった時なんて「五代ロス」という言葉がSNS上で生まれていました。

そして実は大森美香さんは「あさが来た」で渋沢栄一さんを描かれていたんです

「あさが来た」での渋沢栄一は銀行の神様として、主人公あさを導く頼もしい紳士でした。

「青天を衝け」ではどんな人物として描くのか。

もしかして「あさが来た」のあさ達が登場なんてこともあるのでしょうか。

注目していきたいですね!

大森美香さんは他にもたくさんの作品を世に送り出されています。

いくつか抜粋して紹介します。

  • 不機嫌なジーン (2005年・フジテレビ)
  • 連続テレビ小説 風のハルカ (2005年・NHK)
  • 眩(くらら)〜北斎の娘〜 (2017年・NHK)
  • 未解決の女 警視庁文書捜査官 (2018年・テレビ朝日)

「不機嫌なジーン」では第二三回向田邦子賞を史上最年少で受賞されるなど、若い頃から実力を発揮されている方のようですね。

続いて、大森さんの脚本作品はどういった傾向にあるのでしょうか。

大森さんは人間関係の描写が上手く、セリフ回しなどのテンポが良いとSNSでは評判です。

どこかユーモラスで憎めない悪役や、かっこいいのにちょっと頼りない男性など人間のいろんな面を丁寧に描いた脚本も人気が高いです。

「青天を衝け」でもその力を発揮されることを期待してしまいますね。

「青天を衝け」の脚本家が発表された時のSNSでの反応は、どのような感じだったんでしょうか。いくつかご紹介します。

主演の吉沢亮さんと大森美香さんの脚本が一緒になるのを、楽しみにされている方が多いですね!

朝ドラや恋愛ドラマの脚本が多いためか、女性のコメントが多いのも特徴でした。

スポンサーリンク

「青天を衝け」の脚本家から渋沢栄一の大河ドラマ結末を予想!

「青天を衝け」の大河ドラマラストの結末を予想してみましょう。

大河ドラマは放送期間が長いので、なかなか難しいとは思いますが脚本家の傾向から考えてみようと思います。

2021年大河ドラマの結末予想① 第一線から退くまでを描く勇退エンド?

1916年62歳で実業界から引退するまでを描く、勇退エンドです。

江戸・明治・大正・昭和と四つの時代を生き抜き、92歳で亡くなった渋沢栄一。

彼の人生を最期まで描くのは、いくら大河ドラマでも時間が足りないのではないでしょうか。

内容が薄味のドラマを大森美香さんが描くとは考えにくいですよね。

実業界から引退するタイミングが、ドラマの区切りとしてもちょうど良いのではと予想します。

2021年大河ドラマの結末予想② 男の人生を最期まで描き切る大往生エンド?

最終回に晩年の渋沢栄一をしっかり描く大往生エンドです。

大森美香さんは「あさが来た」のラストで主人公あさの晩年を描いています。

老いたあさの前に若き日の新次郎が現れた時、うるっときた人は多いのではないでしょうか。

一人の女性の人生を描ききった素晴らしいラストだと思います。

このことをふまえると、大森美香さんは渋沢栄一という人間のラストをしっかり描いてくれるのではと予想します。

主演の吉沢亮さんは20代の若い俳優なのに、92歳の老人に化けられるのかという疑問もありますね。

ただ最近の特殊メイク技術は本当に凄いので、20代が老人に扮することも可能なのでは?は、と予想します。

2021年大河ドラマの結末予想③ 子孫が登場し現代から未来に思いをはせるエンド?

渋沢栄一の子孫が登場し、現代から未来に思いをはせるエンドです。

渋沢栄一が日本経済に残した功績は大きく、現代まで続いています。

子孫役の役者が現れて、日本の経済発展を語りながら渋沢栄一の偉業をたたえ、この先の未来へメッセージを伝える…

大河ドラマの終わりとしては異例の終わり方だと思いますが、すこし変わった視点で脚本を描く大森美香さんならこんな終わり方も描いてくれるかもしれないな、という予想です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ・青天を衝けの原作ネタバレと結末大予想について

2021年放送予定のNHK大河ドラマ「青天を衝け」の原作ネタバレの有無を調べ、脚本家についてご紹介しました。

渋沢栄一が主人公のドラマ「青天を衝け」はオリジナル脚本であり、原作ネタバレはありませんでした

結末をいくつか予想してみましたが、いったいどんな最終回になるのでしょうか。

大森美香さんの脚本は、見ている人を前向きで暖かい気持ちにさせてくれるものが多いです。

「青天を衝け」も人を前向きな気持ちにさせてくれるドラマだといいですね。

他のキャストや撮影地など新しい発表がされていくので、今後も目が離せませんね!

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA