シロメル

シロメルには副作用や危険性がある?正しい使い方は?

シロメルには副作用や危険性がある?

「シロメル」には副作用や危険性があるのでしょうか?

効果アップのために正しい使い方も知りたいところです。

「シロメル」は赤ら顔対応エイジングケア化粧水として今ネットや雑誌でも話題沸騰中!で気になる方が続出しているようですね。

今回は「シロメル」には副作用があるのか、また正しい使い方についても調査してみます。

赤ら顔に悩んでいる方は是非ご覧くださいね。

\お試し永久返金保証/

\\今だけ73%OFF!1,800円//


▲CanCan高保湿化粧品部門1位▲

スポンサーリンク

シロメルには副作用や危険性はある?

「シロメル」とは今メディアの口コミで話題になっている保湿化粧水。

美容業界で大注目のヒト幹細胞入りの化粧水で、今まで何を使っても満足できなかった方からも高評価されています。

そこまで効果があるなら、もしかして副作用や危険性があるのかも…と使用するのをためらう方もいると考えられますよね。

特に赤ら顔で悩んでいる方のお肌は敏感で、化粧水で刺激を感じることも多いものです。

敏感肌だけどエイジングケアもしたいと思っている方のために「シロメル」には副作用や危険性があるのかを調べてみました。

シロメルに副作用や危険性は特になし!

調査の結果「シロメル」には副作用や危険性は特にないということが分かりました。

医薬であれば効果がある面と、それに対して副作用も考えられます。

しかし「シロメル」は医薬品ではないので、副作用や危険性は特にないといえます。

副作用も危険性もないのであれば、どんな方も使用しやすいのが嬉しいですね

ただ、お肌はなまものです。

季節や環境にストレスなどで敏感に傾くこともあり、お肌状態によっては合う合わないがあります。

また赤ら顔はどうしても刺激を感じやすくなってしまいます。

副作用ではありませんが、お肌が弱っている時は刺激を感じてしまったり、アレルギーを起こしたりということもあり得ます。

シロメルに副作用以外のデメリットはない?

では「シロメル」は敏感肌の方にも使用可能なのでしょうか?

「シロメル」は着色料・香料・パラベン・鉱物油・紫外線吸収剤・シリコン・キレート剤・タール系色素・サル フェート・酸化鉄フリー

つまり「シロメル」は、お肌に刺激を与える上記の成分フリーでできているということです。

また潤い保湿成分やお肌を整える成分も配合されているので、敏感肌にも刺激の心配が少ないと言えますね。

  • うるおい成分…ヒアルロン酸・セラミド他
  • お肌を整える成分…カミツレ花エキス・アルテア根エキス他

つまり「シロメル」は敏感肌の方でも使いやすいということです!

もちろんお肌には個人差があるので、公式サイトでも全ての敏感肌の方に使えるという断定はされていません。

しかし敏感肌の愛用者さんも多く、シロメルは刺激や副作用がなくて使いやすいという口コミもいくつかあります。

バリア機能が低下するとお肌は敏感に傾くと考えられるので、バリア機能に着目した化粧水「シロメル」は敏感肌の方にはぴったりなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

シロメルの副作用に関する疑問を解消♪

続いて「シロメル」を使用するにあたって、副作用などの疑問以外にも気になる質問がありました。

いくつかの気になる点とそれの解消の声をご紹介します。

妊娠中に使っても大丈夫?

妊娠中はお肌も敏感になりやすかったり、新しいものを取り入れるのも不安になったりしますよね。

「シロメル」は妊娠中でも使えます。

医薬品ではないというのがポイントですが、公式サイトでも「妊娠中の方も使用可能」とありましたね。

ただもし不安になっている方は、専門医に相談したうえで使用することを公式サイトではおすすめしています。

それでも心配なら、妊娠中にシロメルを使っても副作用がないか口コミも確認してみましょう。

シロメルを他の化粧品と併用しても大丈夫?

化粧水は「シロメル」を使いたいけど、他の化粧品も気に入っている方も多いですよね。

もちろん「シロメル」を他の化粧品と併用しても大丈夫なんです。

洗顔後に「シロメル」を化粧水として使用し、その後は普段気に入って使っている乳液や美容液にクリームなども併用して使えます♪

子供が使っても大丈夫?

「シロメル」は年齢・男女問わず使用できるので、もちろん子供が使っても大丈夫です。

特に今は大気汚染や紫外線など子供にとっても過酷な肌環境といえますので、子供でも乾燥肌が酷い場合もありますよね。

子供の肌は本来バリア機能も充実しているので必要ないことが多いでしょうが、もし肌トラブルで悩んでいるのであれば「シロメル」を使用してみてもいいかもしれませんね。

使用する際に不安なことがある場合は、専門医に相談の上使用すると安心ですよ。

★★★メイクで隠さなくてもいい素肌へ≫

スポンサーリンク

シロメルの正しい使い方は?

「シロメル」を効果的に使うためにも、正しい使い方をご紹介します。

洗顔後の肌に使う

「シロメル」は洗顔後の清潔なお肌に使用します。

ハンドプレスでお肌を包み込むように塗りこんでいきます。

夜化粧を落とした後の肌に使う

「シロメル」を夜使う場合は、クレンジングと洗顔でメイクや汚れを落とした後の清潔なお肌の状態で使います。

朝と同様にハンドプレスでじっくりいたわるように包みながらつけましょう。

シロメル使い方のポイント

「シロメル」の使い方のポイントをいくつかご紹介します。

  • 清潔なお肌につける
  • ハンドプレスでお肌を温めるよう包み込むようにつける
  • 朝と晩二回の二度塗りで入念にケアする

お化粧水の中にはコットンでお肌につけるタイプもありますが「シロメル」はハンドプレスでのつけ方ですね。

ハンドプレスはお肌で温めることで肌なじみがよくなりますが、毎日自分の肌状態をチェックするのにも良いつけ方だといえます。

お肌は日々変わります。

夏と冬では乾燥度合いが違ったり、ストレスやホルモンバランスでもお肌は変わりますので、日々チェックしながらケアをすることが大切。

また、化粧水は大量をつけても一気には肌になじみません。

まず少量を一度つけてみて、乾燥を感じるときは付け足すという重ね付けをすることで、お肌に徐々になじんでしっかり保湿してくれます。

\お試し永久返金保証/

\\今だけ73%OFF!1,800円//


▲CanCan高保湿化粧品部門1位▲

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シロメルの副作用や危険性まとめ

今回は「シロメル」には副作用があるのか、また正しい使い方についても調査してみました。

「シロメル」には副作用がなくどなたでも使用しやすいことがわかり、正しい使い方も理解できたので心強いですね。

敏感肌の方でも使えるのはありがたく、これからますます人気アップしそうな予感がします♪

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA