シロメル

シロメルは赤ら顔に効果あり?その成分は?

シロメルは赤ら顔に効果あり?

「シロメル」が赤ら顔に効果のあるエイジング化粧水だと話題です。

では「シロメル」の成分がどういいのかも気になりますよね。

今Twitterやネットにあらゆる雑誌で取り上げられている、赤ら顔対策エイジング化粧水「シロメル」の人気がとまりません♪ 

今回は気になる「シロメル」が本当に赤ら顔に効果があるのか、また成分についても盛りだくさんに調査してみます!

\お試し永久返金保証/

\\今だけ73%OFF!1,800円//


▲CanCan高保湿化粧品部門1位▲

スポンサーリンク

シロメルは赤ら顔にどんな効果がある?

「シロメル」が赤ら顔にどんな効果があるのか気になりますよね。

調査してみたので、詳しくご紹介します。

シロメルには高いうるおい効果

「シロメル」には高いうるおい効果があることが分かりました!

女性雑誌「CanCam」の高保湿化粧水部門では第一位を獲得したというくらいの保湿力が高い化粧水のようですね。

96.5%の美容成分の中には六種類もの保湿成分が配合されているために、高い保湿力で乾燥肌の方にもおすすめと公式サイトでもありますね。

特に人気の理由として、よくあるベタベタ感がないのに保湿力がしっかりあるということ!

程よいとろみのあるテクスチャーで肌なじみがよいのがいいですね♡

バリア機能が赤ら顔におススメ

女性でも男性でも年齢や環境にストレスなどでどうしても肌力が低下してきますよね。

カサカサ、ぶつぶつ、たるみ感など老化を感じる肌トラブルは人それぞれです。

これら肌トラブルはバリア機能の低下によって起こってきます。

バリア機能が低下することから皮膚が薄くなり、肌内部の毛細血管が浮き出て赤ら顔になってくると言われています。

バリア機能の低下した肌を保護するために大切なのが、お肌の表面にある角層を整えること!

角層を整えるためにはしっかりと保湿することが必要不可欠とも言えますよね。

そこで作られたのが「シロメル」化粧水♪

保湿成分だけではなく、お肌にハリを与える成分、お肌のキメを整える成分などしっかりと配合されているのが特徴です。

★★★メイクで隠さなくてもいい素肌へ≫

スポンサーリンク

シロメルに含まれる効果的な成分は?

「シロメル」には保湿成分などを含めてお肌にいい成分がしっかり配合されていますが、どんな効果的な成分が含まれているのか知りたいですよね。

以下、詳しくご紹介します♪

漢方成分4種類配合

「シロメル」にはイキイキ素肌を目指す漢方成分が四種類も配合されています。

  • オタネニンジン根エキス
  • オウゴン根エキス
  • マグワ根皮エキス
  • ショウガ根エキス

「オタネニンジン根エキス」は古くから薬用として重宝されている漢方で、お肌を整えて潤いを与える成分として配合されています。

「オウゴン根エキス」はその名のとおりオウゴンから抽出されたエキスで、お肌をすこやかに保つ成分です。

「マグワ根皮エキス」は真桑の根皮から抽出されたエキスで、保湿効果に優れてカサカサしたお肌のケアにもおすすめの成分です。

「ショウガ根エキス」は多方面へのアプローチが期待でき、すこやかなお肌へと導く成分です。

植物の中でも根や皮は栄養を取り込むのに一番力を使う生命の源ともいえる部分。そこから生命の強い力のあるエキスを抽出して配合しているようですね。

ヒト幹細胞エキス

「シロメル」の成分の中でも注目の成分が「ヒト幹細胞エキス」です。

では、この「ヒト幹細胞エキス」はどのような成分なのでしょうか?

「ヒト幹細胞エキス」

今注目されている、エイジングケア成分。

古くなった細胞を新しい細胞に入れ替えたりダメージを受けた部分を修復したりと、常に細胞の再生や修復が繰り返されている私たちの身体です。

その再生や修復の時に活躍してくれるのが幹細胞。

この幹細胞に注目して再生医療・エイジングケアとして研究された成分がヒト幹細胞エキス。

肌なじみもよく、うるおいを保ち、生き生きとしたツヤ肌へ導くエキスです。

今美容業界で注目されているエイジングケア成分が配合されているんですね。

お肌を生き生きとさせるすごい成分が配合されていることがわかりました。

アルテロモナス発酵エキス

「シロメル」でもう一つ注目の成分に「アルテロモナス発酵エキス」があります。

この「アルテロモナス発酵エキス」とはどんな成分なのでしょうか。

「アルテロモナス発酵エキス」

太平洋南東に浮かぶ火山島と珊瑚で構成される、フレンチポリネシア固有の微生物たちの生態系・コパラから採れる成分。

コパラに棲む微生物たちは、紫外線や塩濃度の変化が激しいコパラの過酷な環境に耐えるために自らを守るバリア成分を作り出しているそうです。

このバリア成分の細胞だけを取り出して、独自のブルーバイオテクノロジー製法によって培養して抽出したエキス。

肌本来が持つバリア機能をサポートし、肌トラブルを防ぎいきいきとしたハリやツヤを導いてくれる効果が期待されているエキスです。

この成分もかなりバリア機能に効果的に働きかける成分と考えられますね。

これは使うか迷っている人には、とても背中押しになる情報と言えます♪

\お試し永久返金保証/

\\今だけ73%OFF!1,800円//


▲CanCan高保湿化粧品部門1位▲

スポンサーリンク

赤ら顔でもシロメルで効果がある人とない人の違いはある?

では「シロメル」は同じ赤ら顔の人でも、効果がある人とない人がいるのでしょうか?

また、もし効果がある人とない人がいる場合は、その差はあるのか気になりますよね。

効果に違いはある

「シロメル」にはお肌によい成分が配合されていることがわかりましたが、では効果に違いはあるのか検証してみました。

肌の赤味をケアするには保湿をし、肌の厚みを正常な範囲まで戻してあげることが大切です。

しかしこれらは即効性がないのが特徴とも言えます。

つまり翌日に赤みをどうにかしたいと即効性を求める方には、効果がないと感じられるということです。

しかし一方では継続的に使用したら少しずつだけど赤みが気にならなくなってきたという方もいるようですね。

もちろん肌トラブルの差やバリア機能の低下の差によって、肌の赤みが気にならなくなるまでの期間も変わってくると言えますね。

以下、使用している方のTwitterをご紹介します。

喜んで愛用されている方も多いようですね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シロメルの赤ら顔への効果まとめ

今回は気になる「シロメル」が本当に赤ら顔に効果があるのか、また成分についても盛りだくさんに調査してみました。

その結果「シロメル」にはバリア機能低下に効果的な保湿力や、お肌をすこやかに保つ成分が多く配合されているということが分かりました。

しかし赤ら顔への即効性はないので、長いスパンで肌を整えてあげる商品ということもわかりましたね。

この記事を参考に、赤ら顔に悩んでいる方は「シロメル」を試してみてはいかがでしょうか♪

スポンサーリンク