高嶺の花動画

高嶺の花でぷーさんが結婚式で笑った理由がやばすぎる!?

投稿日:

高嶺の花6話では、石原さとみさん演じる、ももと峯田和伸さん演じるぷーさんが結婚・・・!

と思われましたが、多くの人が予想していたようにももが逃げました。

 

ですが、ぷーさんはその姿をみて笑ったのです。

一体なぜ、ぷーさんが笑ったのでしょうか。

 

今回は高嶺の花でぷーさんが結婚式で笑った理由についてお伝えしていきます。

 

高嶺の花でぷーさんが結婚式で笑った理由とは?

高嶺の花でぷーさんが結婚式で笑った理由とは一体何だったのか。

結婚式でぷーさんが花嫁を奪われてしまいますが、その時にぷーさんの生前の母の言葉が頭に浮かんできます。

 

『お医者さんと縁談があってね、だからお父さんにはお断りを入れたの。ごめんなさいってね』

『お父さんは悲しんだろうな』

『これでお別れだからって、そしたら信じられないことにお父さん、まさか”笑ったのよ”

 

この母親の言葉を思い出したぷーさん。

父親と同じような場面に遭遇したぷーさんは思わず笑うのでした。

 

父親の血を引いているから、同じ状況で同じ反応をしたのかもしれませんし、父親の気持ちが理解できて、笑ったのかもしれませんね。

 

高嶺の花でぷーさんが結婚式で笑った理由についてネットの声

高嶺の花でぷーさんが結婚式で最後に笑った理由について多くの声が挙がっています。

ぷーさんの母親は結果お父さんと結婚しているから、ぷーさんはももがきっと帰ってくるという願いから笑ったのかもしれない。
ぷーさんが最後に笑った真意がわからなくて、怖くなった。ももの幸せを願って笑ったのか。それとも、母親が残した『おとうさんまさか笑ったのよ』という言葉を踏まえて、ももに未練をのコツために笑ったのか。どっちにしても、怖すぎる。
ぷーさんの母親は結果お父さんと結婚しているから、ぷーさんはももがきっと帰ってくるという願いから笑ったのかもしれない。
ぷーさん最後に笑ったけれど意味がわからなさすぎて逆に怖い。普通だったら発狂してもおかしくない状況なのに、なんで笑っているの?やっぱりお母さんが残した言葉と関係しているのかな?

 

ネットでは、ぷーさんが笑った理由がわからなくて怖いとする声や、母親が残した言葉と自分が同じ状況にあることで運命の巡り合わせのようなものを感じて、笑ったのかと予想する声があります。

 

高嶺の花でぷーさんが結婚式で笑った理由その2

実は、高嶺の花6話の最後に結婚式でぷーさんが笑った理由がの理由が次回予告動画に残されていることが判明しました。

普通、結婚式で花嫁を奪われたら怒りなどの反応をするのが普通ですが、ぷーさんは笑いました。

その行動は多くの人が予想もしなかったこと、それはももだって同じです。

 

そのため、ももの中にぷーさんの存在を強く根付かせようとしたのではないかと予想されます。

考えてみてほしいのですが、結婚式で花嫁を奪われた花婿が笑ったら、強烈に記憶に刻まれますよね。

 

『ももに忘れられなければチャンスがある』そう思って、ぷーさんはまさかの予想外の行動に出たのかもしれませんね。

 

7話では、ももとやりとりがしているシーンがあることからも、ももがぷーさんのことを忘れていないようですね。

 

高嶺の花でぷーさんが結婚式で笑った理由のまとめ

今回は高嶺の花でぷーさんが結婚式で笑った理由についておつたえしました。

プーさんが笑った本当の理由は7話で明かされますが、現時点で判断できることは2つ。

  • ももの記憶に残るため
  • ももが帰ってくると期待したため

ぷーさんの父親も一度母親と別れましたが、結局は結婚しています。

そのため、自分も同じ状況になっていて、最終的にはももが帰ってくるかもしれないと期待を込めているのかもしれませんね。

 

この先、どうなってしまうのか。

まだまだ目が離せませんね。

もし、過去のエピソードが観たくなった場合は、1話から視聴できる方法があるので、そちらをチェックしてみてください!

>>高嶺の花のドラマ動画を1話から無料で視聴する方法!

 

 

-高嶺の花動画

Copyright© VODまとめList , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.