NEWS

高嶺の花のももの性格が下品?ひどいとの声まで

投稿日:

高嶺の花のももの性格下品と言われています。

石原さとみさんが演じるももの性格が問題視されていますが、一体どのような点がそう感じられたのか。

この記事では、石原さとみさんが演じるももの性格やネットでの評判についてお伝えしていきます。

高嶺の花のももとは?

高嶺の花に出演するももは美しい見た目と高い地位を持っている天才華道家という役となっています。

 

ももの実家は橙続く華道の名門月島流となっており、生まれた時から成功が約束されていました。

見た目や才能だけでなく財力まで全てを持ち合わせていて、一言で言うならば完璧な女性です。

 

 

そんなももには婚約者がいたのですが、二股が発覚して結婚式当日に破断することなってしまいます。

その時に出会ったのが風間直人だったのです。

直人に少しずつ惹かれていくもも・・・。

 

ちなみに、ももの結婚を破断にまで追いやった黒幕がいるのですが、その黒幕がももの実の父親だと言うことが明らかとなります。

 

では、完璧な女性とも言えるももの性格が悪いと言われている理由は一体なんなのでしょうか?

 

高嶺の花のももの性格が悪いと言われている理由は?

高嶺の花でももの性格が悪いと言われている理由は、いくつかあります。

まずは、『美人でお嬢様だから高飛車で口が悪い』と言われています。

 

確かに、ももは名家に生まれただけでなく才能があって、見た目も良いので高飛車になってしまうのは仕方がないですよね。

まさにドラマのタイトルにあるように”高嶺の花”ということですよね。

 

そして視聴者をイラっとさせるのが、『早口で上からまくし立てる』と言う部分にあるようです。

この部分がイラっとすると言う声まであります。

 

『ももの性格が悪くて挫折しそう。プーさんが心底いい人なので、プーさんの方がももにはもったいない』とする声まであります。

これは、逆高嶺の花と可能性とする見方もあるかもしれませんね。

 

高嶺の花のももの性格は悪いままなのか?

高嶺の花のももの性格が悪いと指摘されている声が多数となっていましたが、この先もずっとこのままなのでしょうか?

もし、そうだとしたら観ているのが辛くなってしまいますよね。

 

あくまで考察となりますが、生まれも育ちも全く真逆な直人と出会い、接していく中でももが少しずつ成長していき、本当の愛に気がつき、人生で大切なものが何かを発見していくことが予想されます。

でないと、ももがただの性格が悪い女として終わってしまいますからね・・・。

 

今はまだももを観ているのが辛いかもしれませんが、どのように成長していくのか楽しみにしておきましょう!

 

高嶺の花のももの性格のまとめ

高嶺の花のももの性格が悪いと言われている理由やネットの評判についてお伝えしました。

石原さとみさん演じるももは生まれも育ちも全てが揃っているまさに完璧な女性。

 

そのため、口調や態度が悪いと言われ、俗に言う高飛車な性格がもろに出てしまっていると指摘されています。

 

ですが、高嶺の花はまだまだ始まったばかり。

ももはこれからも成長していくことが予想されるので、この先のももの成長に期待しておきましょう!

-NEWS

Copyright© VODまとめList , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.