台風

台風18号2019千葉県へ直撃?進路や被害予想がエグい

投稿日:

2019年日本では台風被害が相次いでいますね。

台風15号では千葉県が被害にあって、台風17号では長崎県をはじめとする九州全域に被害がありました。

そして次は台風18号が発生しているという情報が流れており、本州に流れ込むといった意見もあるので千葉県の第二災害も心配です。

今回は台風18号が千葉県に直撃するのか、台風18号の進路や予想しています。

台風18号の現在の状況や進路予想を更新していくので、チェックしておきましょう。

台風18号のたまご「ミートク」がマリアナ諸島近海で発生

ハワイの米海軍合同台風警報センターによりますと、2019年9月25日の午後3時頃、台風18号となりえる熱帯低気圧が発生した模様です。

熱帯低気圧の中心気圧は1008ヘクトパスカル、最大風速は8~10メートルと推定されています。

マリアナ諸島グアム近海から時速18キロで西に進んでいる状況です。

マリアナ諸島グアム近海の海面水温は31~32℃あり、熱帯低気圧は発達を続けるが24時間以内に台風になることは低いと発表されていました。

台風18号に関する現在の進路予想

台風18号の進路予想は以下の機構が予想しています。

  • 米海軍合同台風警報センター
  • ヨーロッパ中期予報センター
  • 気象庁

これらの機構がだしているルート予想をみていきましょう。

米海軍合同台風警報センターの進路予想

26日現在で「米海軍合同台風警報センター」が発表している、台風18号の進路予想です。

26日14時30分の発表では91Wが「MIEIUM」でした。

しかし27日0時の発表で91Wが「HIGH」に変更されています。

これはほとんど『台風になるよ!』という警告ですね。

残念ながら米海軍合同台風警報センターでは、今進路予想が出ていません。

 

ヨーロッパ中期予報センターの予想


おそらく一番信頼性の高い機構が「ヨーロッパ中期予報センター」でしょう。

進路予想を細かく算出している正確性の高い情報です。

上の画像は10月1日0時現在の様子ですが、九州の左下まで接近していますね

沖縄では10月30日の昼過ぎから夕方にかけて暴風となり、10月1日から猛烈な風が吹く予想がされています。

これから台風18号がどうのように動いていくのか、進路予想も見てみました!

  • 9月29日フィリピン海の海上
  • 9月30日徐々に日本に近づく
  • 10月1日沖縄付近に接近
  • 10月2日鹿児島県の真横に北上
  • 10月3日近畿地方に上陸
  • 10月4日北海道下あたりまで北上

というように日本をしっかりと突き進む台風と予想されています。

 

気象庁の予想

では日本の気象庁はどうでしょうか。

上の画像が気象庁で発表されている台風18号の進路予想です。

九州の上をかすって本州に入り込むようになっています。

この予想だと千葉県には直撃することはないようですが、「台風の中心が予報円に入る確率は70%」と発表されているので、まだ30%まだわからない状態です。

直撃は避けられても、台風18号の暴風域は逃れられないかも知れませんね。

台風18号の千葉県上陸は10月3日と予想

「ヨーロッパ中期予報センター」の進路予想では、10月3日に近畿地方を通る予想なので、3日~4日あたり千葉県を直撃する可能性もあります。

まだまだ被害が残っている千葉県に台風18号が直撃したら、どんなことになるのでしょうか。

想像しただけでも怖いですね。

台風18号による千葉県の被害予想は?

まだ台風18号が現在かなり大きくなっており、沖縄では30日に暴風、10月1日から猛烈な風が吹くと予想されています。

もしこのまま千葉県にぶつかると、確実に被害が大きくなるでしょう。

「ヨーロッパ中期予報センター」が発表している予想によれば、近畿地方に上陸した時点で台風18号は弱まっていくという予想でした。

そう考えると千葉県での被害予想は少ないとも考えられます。

しかし万が一、台風18号が強くなり千葉県へ直撃したらほんとうにやばいですね。

まだ復旧していないどころか、2300戸が停電して約1万戸が住宅被害にあっている状況です。

すぐに復旧することは難しく、台風18号をこのまま受けてしまうと悲惨なことになるでしょう。

31名が犠牲になった1999年台風18号が9月24日と同時期

台風18号と言えば、1999年9月24日に熊本県に上陸していました。

バート(Bart)と名付けられた1999年の台風18号は、強風・高潮により全国で死者31名、負傷1211名を出した大きな台風でした。

台風発生の時期が似ていることがなんとも不吉ですよね。

また死者は41名、行方不明者は4名を出した2004年8月28日の台風18号もあります。

2つとも沖縄付近から日本に流れ込む大きな台風だったので、今回の2019年台風18号と共通している部分は多いです。

 

台風18号2019年の情報を随時更新していきます!

現在はまだ日本にぶつかっていない台風18号ですが、今後北上して日本に上陸するという予想でした。

「ヨーロッパ中期予報センター」と「気象庁」の予想が若干ずれているので、まだまだどうなるのか分からない状態です。

しかし台風18号が日本に直撃するのは確定しているようなものなので、被害対策はしておいた方がいいでしょう。

それではまた新たな情報が入り次第、更新していくのでチェックしておきましょう。

-台風

Copyright© VODまとめList , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.